ハードウェア

Apple Watch 6やiPad Air 4などAppleが間もなく発表するとウワサの新製品情報まとめ


Appleがメディア向け配信イベント「Time Flies」を現地時間の2020年9月15日10時(日本時間で同日26時)から開催することを発表しました。AppleはTime Fliesの中で新型Apple WatchやiPadを発表するとウワサされており、複数のメディアがリーク情報やウワサをまとめています。

Prosser Renders 'Actual' AirTags Design, Will 'Likely' Be Announced Tomorrow - MacRumors
https://www.macrumors.com/2020/09/14/prosser-airtags-design-likely-announced-tomorrow/?scrolla=5eb6d68b7fedc32c19ef33b4

Apple Watch 6 and iPad Air 4 killer upgrades confirmed right before Apple Event | Tom's Guide
https://www.tomsguide.com/news/apple-watch-6-and-ipad-air-4-killer-upgrades-confirmed-right-before-apple-event

Apple (AAPL) Readies ‘Apple One’ Subscription Bundles to Boost Services - Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-08-13/apple-readies-apple-one-subscription-bundles-to-boost-services

Apple Silicon Mac: Release date, price, rumors, and everything we know so far | iMore
https://www.imore.com/apple-silicon-mac

長らくAppleは忘れ物トラッカーを開発しているとウワサされてきました。Appleのリーク情報を発信するJon Prosser氏は、Appleが開発するBluetoothを搭載した忘れ物トラッカー「AirTags」の3Dレンダリング画像を公開しています



AirTagsの大きさは「ボトルキャップよりも少し大きいサイズ」と予測されており、Prosser氏は「AirTagを差し込むための小さな革製のポーチ付きキーホルダーは別売りになるでしょう」とコメントしています。

また、Prosser氏はAirTagsのほか、「Apple Watch Series 6」「iPad Air 4」「AirPods Studio」、小型の「HomePod」が同時にTime Fliesで発表されると述べました。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)もまた、Apple Watch Series 6とiPad Air 4がTime Fliesで登場すると報じています。Apple Watch Series 6は外観デザインは大きく変更されないものの、新たに血中酸素濃度検出機能や睡眠トラッキング機能などが搭載されるとのこと。また、Apple Watchの低価格モデルとなる「Apple Watch SE」がTime FliesでApple Watch Series 6と同時にリリースされる可能性があるとWSJは報じています。

次世代Apple Watchでは血中酸素濃度検出機能の追加や心電図機能がアップグレードされる可能性 - GIGAZINE


ITメディアのTom's Guideは、iPad Air 4はiPad Proと同様にホームボタンを廃止しベゼル幅を細くしたデザインになり、価格は499ドル(約5万2700円)になると予測しています。AmazonではすでにiPad Air 4専用ケースが登場している模様。

「iPad Air 4」が間もなく登場か、ケースメーカーから専用ケースが販売される - GIGAZINE


AirPods Studioは「AirPods」や「AirPods Pro」に続くApple独自開発の新型ワイヤレスヘッドホンで、「左右の耳を検出してオーディオチャンネルを自動的にルーティングできる機能」が加わるとされています。

Apple純正のヘッドホン「AirPods Studio」は2020年後半に登場か - GIGAZINE


なお、Prosser氏の見解によると、2020年の新型iPhoneとされている「iPhone 12」に関してはTime Fliesではなく、2020年10月に発表される可能性が高いとみられています。また、デバイス以外にAppleは新たなサービス「Apple One」を開始する可能性があることが経済メディアのBloombergによって報じられました。Apple OneはApple MusicやApple TV+などの有料サービスをまとめたものであると推測され、詳細はiPhone 12と同じく2020年10月頃に発表される見込みとのこと。

Apple Musicのコードから「Apple One」という謎のサブスクリプションの存在が明らかに - GIGAZINE


他にも、WWDC 2020で発表されたAppleの独自開発プロセッサである「Apple Silicon」を搭載したMacについてもリリースはTime Fliesではなく、2020年11月以降になると予測されています。

AppleがMacでも独自開発のプロセッサに移行する「Apple Silicon」を発表、iPhone&iPadのアプリがMacでも利用可能に - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Appleが9月15日にイベント「Time Flies」を開催、Apple Watch&iPadの発表か - GIGAZINE

iPhone 12 ProのトリプルカメラにLiDARスキャナが搭載されるというウワサ - GIGAZINE

iPhone 12 Pro Maxのディスプレイは120Hzの高リフレッシュレートに対応か - GIGAZINE

2021年に登場する新型iPhoneはLightningポートもUSB-Cポートもない「ポートレスiPhone」になるというウワサ - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.