ゲーム

突如発表された廉価版モデル「Xbox Series S」のスペックをXbox Series Xと比較、一体どちらが買いなのか?


Microsoftが2020年9月8日、次世代ゲーム機「Xbox Series X」の廉価版となる「Xbox Series S」を突如発表しました。このXbox Series Sの詳細なスペックを、ハイスペックモデルのXbox Series Xと比較しています。

Xbox Series S hardware specs revealed, compared to Xbox Series X - Polygon
https://www.polygon.com/2020/9/9/21428989/xbox-series-s-specs-hardware-comparison-series-x-cpu-gpu-ssd

Microsoftが発表したXbox Series Sの見た目がどんなものになっているのかは、以下の記事をチェックすればわかります。

Microsoftが次世代ゲーム機「Xbox Series S」を正式発表、歴代最小サイズ&価格は約3万2000円 - GIGAZINE


Xbox Series Sについて知っておくべき点は、まず解像度が4Kではなく1440p(2560×1440ピクセル)であるということ。最大120fpsのフレームレートや、リアルタイムレイトレーシング・可変レートシェーディング・メッシュシェーダーなどはXbox Series Xと同様のものに対応しています。また、Xbox Series SのGPU性能は4TFLOPSであるため、Xbox One X(6TFLOPS)よりも33%も性能が低いです。ただし、MicrosoftはXbox Series Sについて、Xbox Series Xと同様のパフォーマンスを提供できると言及しています。加えて、Xbox Series Sでも「Xbox Velocityアーキテクチャ」に対応しているため、Xbox Series X同様にゲームのロード時間を大幅に短縮することが可能です。

 Xbox Series XXbox Series S
CPU

8コア AMD Zen 2 [email protected]


(SMT付き3.6GHz)

8コア AMD Zen 2 [email protected]


(SMT付き3.4GHz)

GPU

AMD RDNA 2 GPU


[email protected]

AMD RDNA 2 GPU


[email protected]

GPU性能12.15TFLOPS4TFLOPS
SoCカスタム7nm SoCカスタム7nm SoC
RAM

16GB GDDR6


([email protected]/s+[email protected]/s)

10GB GDDR6


([email protected]/s+[email protected]/s)

解像度[email protected](最大120fps)[email protected](最大120fps)
ストレージ

1TB PCIe Gen 4 NVME SSD


生データ時2.4GB/s


圧縮データ時4.8GB/s

512GB PCIe Gen 4 NVME SSD


生データ時2.4GB/s


圧縮データ時4.8GB/s

拡張ストレージ1TB拡張カード1TB拡張カード
後方互換

数千タイトルのXbox Oneゲーム


Xbox 360&Xboxの後方互換も発売までに対応


Xbox Oneのアクセサリもサポート

数千タイトルのXbox Oneゲーム


Xbox 360&Xboxの後方互換も発売までに対応


Xbox Oneのアクセサリもサポート

光学ドライブ4K UHD Blu-ray光学ドライブなし
ディスプレイ出力HDMI 2.1HDMI 2.1
販売価格499ドル(約5万3000円)299ドル(約3万2000円)

 


CPUはそれぞれAMDの8コアZen 2を採用していますが、動作周波数および同時マルチスレッディング(SMT)使用時の動作周波数は微妙に異なります。GPUのコンピュートユニット(CU)数もXbox Series Xが52で、Xbox Series Sが20と大きく差があります。他にも、メモリ(RAM)はXbox Series Sが10GBであるのに対してXbox Series Xは16GBで、読み込み速度もXbox Series Sが遅いです。

しかし、Xboxのジェイソン・ロナルド氏は「解像度に合わせてスケーリングを行っている」と語り、Xbox Series SとXbox Series Xのスペック上の差は実際の動作時には問題にならないと主張している模様。海外ゲームメディアのPolygonも、「パッケージ版のゲームや4K解像度を気にしない人にとって、Xbox Series Sは大きな価値のある提案のように写ります」と述べ、Xbox Series Sが魅力的な選択肢のひとつであることを強調しています。

なお、MicrosoftはXbox Series XおよびXbox Series Sが2020年11月10日に全世界で発売されること、Xboxの有料サブスクリプションサービスであるXbox Game PassEA Playが追加されることを新たに発表しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Microsoftが次世代ゲーム機「Xbox Series S」を正式発表、歴代最小サイズ&価格は約3万2000円 - GIGAZINE

Microsoftの次世代ゲーム機「Xbox Series X」の発売は2020年11月に決定 - GIGAZINE

PlayStation 5とXbox Series XとNintendo Switchのスペックを比較してみるとこんな感じ - GIGAZINE

Microsoftが次世代ゲーム機「Xbox Series X」の詳細を発表、12TFLOPSのGPUや120fpsの対応など - GIGAZINE

Microsoftの次世代ゲーム機の正式名称は「Xbox Series X」ではなく「Xbox」になることが明らかに - GIGAZINE

in ゲーム, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.