ハードウェア

Microsoftが「Xbox Series X」の下位互換機能について発表、大幅強化された読み込み速度&画質で過去作品をプレイ可能に


Microsoftが2020年11月発売の家庭用ゲーム機「Xbox Series X」とその廉価版「Xbox Series S」下位互換機能について新たに発表を行いました。Xbox Series Xでは、下位互換機能に対応した初代Xboxなどの過去機種のゲームをプレイする際に、ロード時間が大幅に短縮され、自動でHDRがオンになり、30fpsのゲームが60fpsになります。

Xbox Series X and Xbox Series S Will Be the Best Place to Play 1000s of Games From Across Four Generations of Xbox - Xbox Wire
https://news.xbox.com/en-us/2020/10/13/xbox-series-x-and-xbox-series-s-backward-compatibility-update/

Microsoftは2015年にXboxの下位互換機能を実装し、当時の過去機種であるXbox 360のタイトルを新機種であるXbox Oneでプレイできるようにアップデートしました。この下位互換機能によって、Xbox OneのスペックでXbox 360のタイトルをプレイできるだけでなく、実績やセーブデータ、アドオンなども機種を超えて持ち越せるようになりました。

Xbox One 下位互換性ゲーム ライブラリ | Xbox
https://www.xbox.com/ja-JP/xbox-one/backward-compatibility


今回のMicrosoftの発表も、Xbox Oneの下位互換機能を引き継ぐもの。Xbox Series X/Sでは、下位互換機能に対応したタイトルをXbox Series Xのスペックでプレイ可能というだけでなく、Xbox Series Xでのプレイ時にはグラフィックが自動で強化されます。

下位互換に対応したゲームはXbox Series X/Sでネイティブで実行され、過去機種に比べて格段に進化したCPU・GPU・SSDの性能をフルに使って処理されます。Xbox Series X/Sでは読み込み時間の無駄を省きロード時間を爆速化する「Xbox Velocityアーキテクチャ」を採用したNVMeSSDを備えているため、過去作品のロード時間が大幅に短縮されるとのこと。


さらに、従来よりも広い明るさの幅を表現してグラフィックに色鮮やかさと奥行きを与えてくれるHDRが未対応の作品をHDR化するという「自動HDR機能」も登場。自動HDR機能は、発売当時の芸術的な意図を損なうことなく、ゲームのグラフィックを自動で向上させるというもので、Xbox Series X/Sのシステムが自動処理する機能であるため、開発者側が各タイトルに自動HDR機能に対応するようなアップデートを行う必要はなし。加えて、自動HDR機能はCPU・GPU・メモリに負荷をかけないため、ロード時間の増大を引き起こすこともないとのこと。

自動HDR機能による補正前(左側)と、補正後のビジュアルの差が以下。


また、Xbox Series X/Sでは、一部のタイトルを30fpsから60fpsにする「自動fps倍増」機能も実装されます。この機能は、オリジナルの演算処理とアニメーションに干渉するため、全ての下位互換対応タイトルで有効化されるわけではないものの、Microsoftは「オリジナルを超えるスムーズなエクスペリエンスを提供できます」と語っています。

以下が「自動fps倍増機能」のオン/オフ時の比較映像。60fpsでは映像が滑らかに描画されていることがよくわかります。

Xbox Series S Backward Compatibility Frame Rate Technical Demo - Fallout 4 - YouTube


また、Xbox Oneで実装された「Heutchy method」という映像処理技術を引き続き採用することで、解像度720pだったXbox 360のタイトルや360pだった初代Xboxのタイトルを、Xbox Series Xでは4Kで、Xbox Series Sでは1440pで実行可能。さらに16倍の異方性フィルタリングがほぼ全ての下位互換対応タイトルで有効化されるため、映像品質が向上しているそうです。


Microsoftは「過去のゲームを保存することは、XboxのDNAの基礎といえるものであり、我々が過去に行った誓いを継続するものです。あなたがお気に入りのゲームは、オリジナルの開発者による意図がすべて保持されたまま、機能強化された状態でプレイできるようになるので、新世代のXboxに移行する際に過去を振り返る必要はありません」と記しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Microsoftの次世代機「Xbox Series X」のレビューが解禁、使い勝手や判明したことまとめ - GIGAZINE

突如発表された廉価版モデル「Xbox Series S」のスペックをXbox Series Xと比較、一体どちらが買いなのか? - GIGAZINE

Xbox Series Xのポート上には視覚障害者用の触覚インジケーターがある - GIGAZINE

次世代機「Xbox Series X」の予約受付開始で旧型機「Xbox One X」がうっかりバカ売れ - GIGAZINE

Xboxのコントローラーもスティックが勝手に動く「スティックドリフト」が発生し集団訴訟される - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画,   ゲーム, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.