ゲーム

もはや現実とゲームの区別が付かないほど超美麗なMicrosoft Flight Simulatorのスクリーンショットまとめ


Xbox OneおよびWindows 10向けに2020年内リリース予定のフライトシミュレーション「Microsoft Flight Simulator(MSFS)」アルファ版のスクリーンショットが公開されています。公開されたスクリーンショットと現実の風景写真を比較すると、どちらがゲームでどちらが現実なのかがわからないほど、MSFSのグラフィックがリアルで美麗なものであることがよくわかります。

May 7th, 2020 Development Update - Microsoft Flight Simulator
https://www.flightsimulator.com/may-7th-2020-development-update/


MS Flight Simulator 2020 vs Real life - Album on Imgur
https://imgur.com/a/hdWw4ds

以下の画像はすべて、上がMSFSのスクリーンショットで、下が現実の風景写真。見比べてみると判別はどれも非常に難しく、地形や建物だけではなく、光の散乱や水面の反射も緻密に再現されています。

スイス・ルツェルン湖


フランス・シャンボール城


ニュージーランド・ナウルホエ山


フランス・コルシカ島アジャクシオ


ロシア・モスクワ


メキシコ・Marismas Nacionales


アメリカ・ニューヨーク


フランス・エクス=レ=バン


今回のスクリーンショットはアルファテストに参加するテスターによって提供されたもの。また、実際にMSFSをプレイする映像がMSFS開発チームの公式YouTubeチャンネルで公開されています。例えば以下のムービーは1つの地球をすべてのパイロットがオンラインで共有するというマルチプレイの実演で、ゲーム内の時間や天気は現実と同じものがリアルタイムで反映されるとのこと。

Feature Discovery Series Episode 7: Multiplayer - YouTube


なお、Windows 10向けMSFSのシステム要件は以下の通り。必要ストレージは150GBと、かなりの空き容量を必要とするほか、システムがMicrosoft AzureやBingマップと連携するため、「最低5Mbps、推奨20Mbps、理想50Mbps」という帯域幅もシステム要件に記載されています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
名作フライトシム「Microsoft Flight Simulator」が14年ぶりに復活、Microsoft AzureによるクラウドAIを搭載予定 - GIGAZINE

ファン待望の「Microsoft Flight Simulator」最新作は「ユーザーコミュニティと連携しながら」開発する方針 - GIGAZINE

Microsoftのフライトシミュレーターを没入型マルチディスプレイでプレイできるよう改造した猛者が現る - GIGAZINE

Microsoftの次世代ゲーム機「Xbox Series X」向けに発表された13タイトルまとめ - GIGAZINE

リアル戦闘機のマニュアルを密輸したフライトシミュレーターの開発者に懲役1年の判決 - GIGAZINE

in 乗り物,   動画,   ゲーム, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.