メモ

「蛇口から酒が出てくる」奇跡がインドで発生


イエス・キリストは「水瓶に入った水をぶどう酒に変える」という奇跡を成したことでも知られています。一方インドでは、「蛇口から酒が出てくる」という奇跡が発生しました。

Kerala: How some families got alcohol instead of water from taps - The Week
https://www.theweek.in/news/india/2020/02/05/kerala-how-some-families-got-alcohol-instead-of-water-from-taps.html


Liquor pours out of water faucets after booze contaminates well
https://nypost.com/2020/02/06/liquor-pours-out-of-water-faucets-after-booze-contaminates-well/

蛇口から酒が出てくる事件が起きたのは、インド・ケーララ州トリチュール地区に位置する同じマンションに住む18世帯。2020年2月3日、問題のマンションでは、キッチン・風呂の蛇口をグイっとひねると「水割り」が出てくる状態になっていたとのこと。その匂いは強烈で、およそ飲む気になれなかったと住人は証言しています。

この現象に激怒した住民は地元の保健当局に直ちに通報。水道局は実際に水道にアルコールが混入していることを確認し、調査を開始しました。調査の結果わかったことは、マンションの隣に存在したラチャナという名前のバーが、6年前に「酒の密造」で起訴されていたということ。問題の裁判が行われたとき、裁判所は税務局に対して「密造酒の処分」を命じていました。当局が取った処分法とは、「ラチャナの敷地内に掘った穴に酒を流し込む」というものでした。


この作業は6時間にわたって行われ、計6000リットルの酒が穴の中に投棄されました。この酒は地面にゆっくりと浸透し、マンションが水をくみ上げていた水源に到達。その結果、問題の事件が引き起こされたというわけです。

現場に急行した税務局職員は住人に対して謝罪した上で「水源の浄化」および「元通りになるまでの清潔な水の供給」を約束して、苦情を取り下げるように求めました。住人は水の供給などを受け入れましたが、税務局を訴える予定とのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
水没して完全に壊れていたXperiaがウォッカで奇跡の復活 - GIGAZINE

昆虫を使い世にも美しいカクテルを作り出すバーが存在する - GIGAZINE

ほとんど禁酒に成功しなかった「禁酒法」が残した教訓とは? - GIGAZINE

世界で最も酒飲みが多い都市はどこなのか? - GIGAZINE

「お酒で脳が萎縮する」のではなく「脳が小さいとお酒を飲む」という可能性が示される - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.