メモ

南極で「18.3℃」という気温が記録、過去最高気温が更新される可能性


現地時間で2020年2月6日、夏を迎えている南極が18.3℃という気温に達し、南極における「歴代最高気温」が更新されました。

New record for Antarctic continent reported | World Meteorological Organization
https://public.wmo.int/en/media/news/new-record-antarctic-continent-reported

Antarctica Hits Record Temp, Region Noting 'Dramatic Changes' | Time
https://time.com/5780052/antarctica-record-high-temperature/

It Was 65 Degrees In Antarctica This Week : NPR
https://www.npr.org/2020/02/07/803835452/it-was-65-degrees-in-antarctica-this-week

南極の歴代最高気温が更新されたという一報をもたらしたのは、アルゼンチンの南極観測基地であるエスペランサ基地。当該ツイートが以下。


世界気象機関(WMO)は報告を精査した後、この記録を正式に認定する予定です。なお、南極大陸で記録された気温でこれまで最も高かったのは、2015年3月24日の17.5℃でした。

WMOで極端気象・気候現象の報告者として働くランドール・チェルベニー氏は、今回観測された気温上昇は局所的なフェーン現象によるものだと解説。アメリカ国立気象局国立環境予測センターが提供する全球大気循環モデルによる、南極半島における850hPa高層天気図を示すアニメーションが以下のもの。アニメーション内の色は大気の温度を表しており、赤色に近ければ近い程温度が高いことを示します。高層天気図は南極の気温を大幅に上げたフェーン現象時のもので、温かい大気が吹き込む様子が視覚的に確認できます。


南極には地球表層の淡水の約90%を含んでいるともいわれる大きさ3000万km3の氷床が存在します。この氷床が解けた場合地球上の海面が約60mも上昇すると算定されています。なお、過去50年間で南極の気温は3℃も上昇しており、その結果、1979年から2017年にかけて1年間の氷床融解量は約6倍にまで増加したと報告されています。

ヨーロッパの観測衛星「Sentinel-1」が捉えた以下の画像は、南極での過去最高気温が記録された2月6日より前の段階で、南極西部に位置するパイン・アイランドの氷河に大きな亀裂が入ったことを示す衛星写真です。パイン・アイランドにおける氷河の分離現象は、近年頻度が増してきているとWMOは報告しており、写真は2月2日(左)と2月5日(右)に撮影されたものです。


チェルベニー氏は「温暖化傾向が進行し続けるでしょう。気候は変わりつつあるという事実を、我々は認識しなければなりません」とコメントしています。

なお、南極地域全体でみるとこれまでに観測された最高気温は、シグニー島で1982年1月30日に観測された19.8℃です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
南極の氷3兆トンが猛烈な勢いで失われ、しかもそのスピードは加速していることが衛星データから判明 - GIGAZINE

永久凍土が解けることが地球環境に与える影響は「これまでの推定の2倍」との研究結果 - GIGAZINE

永久凍土が解けることで放出される炭素量が想定以上だったことが判明、地球温暖化対策に影響か - GIGAZINE

毎年アルプス山脈の全氷雪の3倍に相当する氷河が失われている - GIGAZINE

気候変動によって年間17億トンの二酸化炭素が北極圏の永久凍土から放出されている - GIGAZINE

グリーンランド氷床の融解が熱波の影響で加速している - GIGAZINE

ここ20年でグリーンランドの氷は予想を超える勢いで解けていることが明らかに - GIGAZINE
地球環境は「もう戻れないところ」にまで来てしまった可能性がある - GIGAZINE

1万1000人以上の科学者が「地球の気候は危機的状況にある」と合同で宣言 - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.