取材

ヒット映画「プロメア」からメラメラと燃え上がる炎をバックにしたリオや火消し魂を宿すガロのフェギュアが登場


TRIGGERが制作して興収12億円を突破した完全オリジナル劇場アニメ「プロメア」から、多くの人々を魅了したキャラクターたちがワンダーフェスティバル 2020[冬]の会場に商業・一般問わず登場しています。

ホビーメーカー・コトブキヤのブースには、「プロメア」の主人公の1人であり過激派のバーニッシュ集団・マッドバーニッシュのボスであるリオ・フォーティアのポスターが飾られています。


ポスターの下には、メラメラと燃えさかるバーニッシュフレアの中に立つリオの姿。原型設計はにのみやあきこ氏で、プロメアでキャラクターデザイナーを務めたコヤマシゲト氏本人が監修しています。


左手にはバーニッシュフレアを持ち……


強い意志を宿した目が前方を見据えています。


中性的なイメージを与える細い腰や足と、ゴツゴツしたデザインのライダースという組み合わせが不思議なカリスマ性を感じさせます。


コトブキヤの「リオ・フォーティア」フィギュアは台座込みで全高247mm。記事作成時点ではコトブキヤショップで予約を受け付けており、価格は1万2980円(税込)で発売月は2020年6月。2020年2月12日(水)までの予約で確実に購入可能で、購入者限定で表情替えパーツが手に入るとのことです。

コトブキヤオンラインショップリオ・フォーティア: フィギュア


また、フリュー株式会社のブースには、主人公の1人でありバーニングレスキューの新人隊員ガロ・ティモス、バーニングレスキューの隊員であるアイナ・アルデビット、自治共和国プロメポリスの司政官を務めるクレイ・フォーサイトの「ひっかけフィギュア」が展示されていました。3人のひっかけフィギュアはクレーンゲーム用の景品となっており、2020年4月下旬から全国のアミューズメント施設で取扱いが開始されるとのこと。


また、リオに加えてマッドバーニッシュの幹部であるゲーラメイスの2人もそろってひっかけフィギュアになっていました。


「ぬーどるストッパーフィギュア」のリオも、クレーンゲーム用の景品となっており、2020年9月下旬から全国のアミューズメント施設に登場する予定です。序盤のシーンでも特に強い印象を残したこの座り方は、確かにストッパーとしてぴったりかもしれません。


また、その隣には同じく「ぬーどるストッパーフィギュア」のガロ。こちらもクレーンゲーム用の景品で、2020年8月下旬に登場する予定です。


グッドスマイルカンパニーのブースには、アクションフィギュアシリーズのfigma化したガロの姿が。


腕を組んで凜々しい表情を浮かべており、内心に燃える火消し魂を感じさせます。


商業ブースだけでなく、一般ブースにもプロメアのフィギュアが登場しています。「CROSSOVER!」のブースには、玉座に座るかのようにどっしりと腰を落とし、頬杖を突いて不敵に笑うリオのフィギュアが展示されていました。


サラサラの髪が風になびく様子がリオの美しさを際立たせています。


背後にはメラメラと燃えるバーニッシュフレア、足元には炎を映したようにキラキラと輝く石が敷き詰められており、展示方法にもこだわりが感じられます。


bbdd」のブースには、プロメポリスの頼れる司政官としてのクレイの姿が。しかしその横には……


司政官としての姿とは一風変わった雰囲気をただよわせるクレイの姿が。


普段は閉じている目を見開き、邪悪な意思をのぞかせています。原型師は未来生さん。


Daisy Bell」のブースに展示されていたのは、振り向きざまのスタイリッシュな雰囲気のリオ。原型師はKaNAさん。


意思の強い性格が、キリッとした口元や鋭い目つきなどからにじみ出ています。


桂馬」のブースにもリオのフィギュアが展示されていました。足や腕はバーニッシュアーマーに包まれており……


バーニッシュフレアをそっと口元に寄せています。


S.A.L.A.M.I」のブースには、SDキャラチックな「ガロとリオ」のフィギュアが展示されていました。


原型師はのら村長さんで、プロメアのキャラクターデザインを務めたコヤマシゲト氏も監修で参加しているとのこと。


ガロの大きく上にはねた髪型やキリッとした眉など、特徴がしっかり捉えられています。


リオは穏やかな顔付きをしていますが、右手にはバーニッシュフレアをメラメラと燃やしています。


「一日屋」のブースには、拳を突き合わせているリオとガロのフィギュアが展示されていました。原型師は大沼英斗さん。


クールな表情を浮かべつつ、内側に強い意志を秘めたリオの表情。


対するガロは天真爛漫な笑みで拳を突き出していました。


また、同じブースにはマッドバーニッシュの幹部であるメイスとゲーラの姿も。


冷静な雰囲気のメイスと……


熱いイメージのゲーラが、それぞれバーニッシュフレアを燃やしていました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2020[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

映画『プロメア』今石洋之監督&脚本・中島かずきインタビュー、「クールでスタイリッシュ」がありつつ「いつものマッドでクレイジー」な作品が誕生 - GIGAZINE

TRIGGERの舛本和也プロデューサーから映画「プロメア」の収録現場の秘話をたっぷり聞けたトークイベントレポ - GIGAZINE

「1作品完全燃焼」な暴れ馬スタッフたちの手綱を取るTRIGGERの大塚雅彦社長に「プロメア」制作の裏側や経営のことについてインタビュー - GIGAZINE

「異種族レビュアーズ」から「例のモノさし」で男の度量を測ってくれる妖精の受付嬢のフィギュアが登場 - GIGAZINE

「デス・ストランディング」の世界観そのものとなったマッツ・ミケルセン「クリフ」1/2フィギュアの異常な存在感が圧倒的 - GIGAZINE

「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」で元太が消えるシーンを再現してしまった猛者が登場、あの感動(?)のワンシーンをいつでも再現可能に - GIGAZINE

2021年公開「シン・ウルトラマン」より「第一号雛形」「第二号雛形」の実物登場、まさに「真実と正義と美の化身」 - GIGAZINE

初代「ターミネーター」の冷酷無比な殺人マシーンがそのまま立体化して登場 - GIGAZINE

ドールズフロントライン「NTW-20 貴族体験館」、ライフルやエプロンの細部までこだわったフィギュア造形の時代転換を感じられる作品に - GIGAZINE

in 取材,   映画,   アニメ, Posted by log1h_ik

You can read the machine translated English article here.