取材

ルパン・次元が「カリオストロの城」で乗り回したフィアット500が現実世界に登場


今なお高い人気を誇る「ルパン三世 カリオストロの城」でルパンと次元が乗り回した車である、「クリームイエローのフィアット 500」がワンダーフェスティバル 2020[冬]に登場。周囲がカリオストロの城ワールドになっていました。

実物大のIV号戦車や3/4スケールのマーク IV 戦車などが並ぶリエナクターズギア&フェアリーフィールドブースの一角に……


カリオストロの城でルパンと次元が乗り回していたクリームイエローのフィアット 500が並んでいました。


ナンバーは「R-33」とルパンの車まさにそのもの。車体の汚れは度重なるカーチェイスや手榴弾による攻撃を受けたことが原因なのかも。


ボンネット後部に積まれた荷物もカリオストロの城そのままです。


運転席はこんな感じ。


会場にはルパンと次元も登場。次元はカリオストロの城の最終決戦で使用したシモノフPTRS1941を携えていました。


2015年に放映されたテレビアニメ版ルパン三世でも、ルパンは黄色いフィアット 500に乗っていました。ルパンの愛車がFIAT 500である理由は、作画監督だった大塚康生氏がこの車を愛していたため。以下の記事を読むと、フィアット 500に対する大塚康生氏の愛情を理解できます。

オーナー紹介〜「ルパン三世」作画監督が語る、相棒FIAT 500との秘密 | fiat magazine CIAO!
https://www.fiat-auto.co.jp/ciao/fiat-ownerinterview06_500_yasuo-otsuka/


そんな大塚康生氏はワンダーフェスティバル2020 [冬]に来場して、このフィアット 500にサインを残されたとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2020[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「ルパン三世 カリオストロの城」のルパンとクラリスの名シーンを自宅で再現できるフィギュアが登場 - GIGAZINE

プラグスーツのアスカ、大胆ポーズのアリス、異様な再現度のルパンなどアクションフィギュア「リボルテック」シリーズの新作あれこれ - GIGAZINE

アニメ制作会社「テレコム・アニメーションフィルム」潜入取材、「LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘」を生み出したスタジオはこんな感じ - GIGAZINE

in 取材,   乗り物,   映画,   アニメ, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.