試食

マヨチーズソースがけチーズ入り豚天でチーズ尽くしな「ダブルチーズポーク天丼」などてんやの限定メニュー2品を食べてきた


「豚肉にチーズを挟んでカラッと揚げた天ぷらに、チーズとマヨネーズを合わせたソースをかけた」というチーズだらけの「ダブルチーズポーク天丼」と、西京風銀ダラ・白魚・エビなど魚介の天ぷらが盛りだくさんな「西京風銀ダラと白魚天丼」が、天丼てんやで2020年1月9日(木)から登場しています。がっつり食べ応えのありそうな2種類の丼をさっそく食べに行ってきました。

ダブルチーズポーク天丼 | 天丼てんや
https://www.tenya.co.jp/menu/season/season02.html

西京風銀ダラの天丼 | 天丼てんや
https://www.tenya.co.jp/menu/season/season01.html

てんやに到着。


まずは「ダブルチーズポーク天丼」の並盛を注文。10分ほどで到着しました。みそ汁、半熟玉子つきで税込770円。


ご飯の上に、豚肉にチェダーチーズをはさんで揚げた「チーズインポーク」が2枚のっています。チーズインポークには、チェダーチーズとパルメザンチーズにマヨネーズを加えたマヨチーズソース、天丼のたれ、黒こしょうがかかっており、まさにチーズ尽くしな一品。


ちょっとわかりにくいですが、薄切りの豚肉の間にトロトロにとろけたチーズが入っています。チーズインポークのチーズがあっつあつで猫舌の人は間違いなく大ダメージをくらうので注意。カリカリで香ばしい衣と、豚脂の甘み、チーズのコクがたまらない一品です。わずかに酸味のある濃厚なマヨチーズソースと甘辛い天丼のたれで、ご飯が進むガツンとした味わい。黒こしょうのピリッとした辛みがアクセントになっていました。


ご飯にも天丼のたれがたっぷりかかっていました。


半熟玉子は別容器で出てきました。なお、半熟玉子なしでも注文することができ、価格は50円引きになります。


チーズインポークにのせて……


半熟玉子をからめて食べると、ガツンと力強い味わいが卵黄でまろやかになります。濃い味を卵白部分がさっぱりとまとめてくれるので、濃い味に少し飽きたあたりで半熟玉子をのせるのがおすすめ。


続いて、「西京風銀ダラの天丼」の並盛を注文。みそ汁つきで税込890円と、ダブルチーズポーク天丼より少しお高め。


上にのっている天ぷらは、白魚のかき揚げ・西京風銀ダラ・エビ・ホタテ・いんげんの5種類。


銀ダラを白みそに漬け込んだという西京風銀ダラは、脂がのってしっとりした身にみその甘みが染みています。みその風味がご飯と合うので、ご飯といっしょに食べるのもいいですが、単体で食べてタラとみその優しい甘みを堪能するのもおすすめです。


表面はサクッと、中はほくほくな白魚のかき揚げは、白魚が10匹ほど入っていました。西京風銀ダラとは違った、白魚の自然な甘みを楽しめる一品になっています。


「ダブルチーズポーク天丼」は半熟玉子つきの並盛が税込770円、「西京風銀ダラの天丼」は並盛が税込890円で、一部店舗を除く全国のてんやで注文可能です。販売期間は2020年1月9日(木)~2020年2月26日(水)となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
トロトロに煮込んだ豚肉と半熟たまごを牛めしに添えた「”うまとろ”豚たま牛めし」食べてみた - GIGAZINE

わずか690円から高級天ぷら店の雰囲気を味わえる「まきの」で天ぷら定食を食べてきました - GIGAZINE

3000円以下で揚げ物三昧を実現するTWINBIRDの電気フライヤーを使ってみた - GIGAZINE

真っ黒すぎて具材の見分けが付かない黒天丼を食べられる「天ぷら 中山」に行ってきました - GIGAZINE

衣のヘタレ具合があまりに違いすぎる天ぷらとトンカツ、粉が違うとここまで差が出る - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.