試食

はまぐり好きにはたまらない肉厚はまぐりたっぷりの「はまぐりうどん」をはなまるうどんで食べてきた


うどんチェーンのはなまるうどんが、2019年2月5日(火)から期間限定で「はまぐりうどん」を提供しています。はまぐりうどんは大ぶりで肉厚なはまぐりをたっぷり使って出汁まではまぐりの旨味たっぷりな一品になっているとのことで、どんな味になっているのか確かめるべく実際に食べにいってきました。

はなまるニュース 2019年 | はなまるうどん
https://www.hanamaruudon.com/news/2019.html

はなまるうどんに到着。


店内ではお目当てのはまぐりうどんがアピールされていました。


注文して5分ほどで「はまぐりうどん」の中サイズ(税込690円)が到着。はまぐりうどんには小サイズ(税込590円)と大サイズ(税込790円)もありますが、はまぐりの量は共通とのこと。


はまぐりうどんは、殻付きのはまぐりとわかめがのせられたシンプルなうどんです。


パカッと口の開いたはまぐりがたっぷり入っています。


わかめもドサッと盛りだくさんで、はまぐりと合わさって磯を連想させました。


はまぐりを食べてみると、身にはしっかりした弾力があり、プリプリな食感。いりこ出汁のスープと合わせて食べると旨味エキスが口の中に充満します。


つるっとしてコシのあるうどんと歯ごたえのあるわかめは、はまぐりの出汁をたっぷり吸って磯の味わいを感じることができます。


はまぐりの殻は丼と一緒に提供される殻入れに入れると邪魔になりません。


「はまぐりうどん」は一部店舗を除く全国のはなまるうどんで2019年2月5日(火)から期間限定で提供されています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
鴨の弾力ある食感とうま味がこれでもかと味わえる「鴨すきうどん」「鴨つけうどん」を丸亀製麺で食べてみた - GIGAZINE

特製XO醤のこってり味に香味豚バラなど厳選素材が加わった餃子の王将の「極王焼そば」を食べてきた - GIGAZINE

ジューシーな鶏もも肉と卵を旨辛みそで煮込んだ松屋の「鶏と玉子の味噌煮込み鍋膳」を食べてきた - GIGAZINE

東北のふるさとの味であたたまる大戸屋「牛肉と里芋のみそ煮定食」を食べてきた - GIGAZINE

魚介と野菜のうま味たっぷりな「醤油ちゃんぽん」とホロホロと柔らかい豚角煮がのった「角煮ちゃんぽん」をリンガーハットで食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.