大ぶりの海老・イカ・穴子が丼からはみ出る「大海老天丼」を食べてきた


天丼てんやから、天然大海老と大イカと活〆穴子を豪華に丼に盛り合わせた「大海老天丼」が準レギュラーメニューとして4月16日から登場したので、さっそく食べに行ってきました。

大海老天丼 | どんぶり・セット | 店内メニュー | 天丼てんや
http://www.tenya.co.jp/menu/don/large-prawn.html

てんやに到着です。


店内に入り「大海老天丼」を発見したので、早速注文します。


5分ほど待つと、「大海老天丼」の並盛(税込980円)が到着。みそ汁付きです。なお、小盛が税込930円、大盛は税込1080円となっています。


丼から大きな天ぷらがはみ出しています。


早速食べてみます。天然大海老はプリプリとした食感で、噛むほどの海老の旨みが感じられ、ご飯がどんどん進みます。


大イカはほのかに甘く、しっかりとした歯ごたえがあり、タレとの相性も良く合っています。ただ、イカは細長いため、ちょっとボリュームがありませんでした。


唯一の野菜であるインゲンは脂っこい味にアクセントがつけられグッド。


活〆穴子は、ふわふわっとした柔らかい食感がしますが、身が薄いために、少し衣とタレの味が強く、穴子の味が隠れてしまっています。イカと同様にちょっとさびしいです。


味が薄めの味噌汁は箸休めにぴったり。


見た目の割にはご飯が少ないので、ガッツリとボリュームたっぷりの丼ものを食べたい人は、並盛の価格に180円足した税込1160円で、ご飯を無料でおかわりできる定食にすることをオススメします。


なお、大海老・野菜2品がのった「大海老天そば/うどん」も準レギュラーメニューとして登場しています。

・関連記事
牛タンの天ぷらにとろろをかける新食感の「牛タンとろろ天丼」などてんやの初夏新作メニューを食べてきた - GIGAZINE

春らしい「桜海老天丼」とほどよい酸味の「純和鶏天丼~黒酢ソース」をてんやで食べてきました - GIGAZINE

真っ黒すぎて具材の見分けが付かない黒天丼を食べられる「天ぷら 中山」に行ってきました - GIGAZINE

わずか690円から高級天ぷら店の雰囲気を味わえる「まきの」で天ぷら定食を食べてきました - GIGAZINE

天ぷらがこれでもかこれでもかと刺さりまくって立ちまくっている「ツリー丼」をスカイツリーの麓で食べてきました - GIGAZINE

90

in 試食, Posted by darkhorse_log