モバイル

Googleが充電中のAndroidデバイスをスマートディスプレイのように使える「Googleアシスタント アンビエントモード」を発表

By @Android

充電中のスマートフォンやタブレットの画面にさまざまな通知やスマートホームの操作パネルを表示し、まるでスマートディスプレイのように活用できるようになる「Googleアシスタント アンビエントモード」が2019年12月第1週目に登場することを、Googleが発表しました。

Ambient Mode: Android's proactive Google Assistant - YouTube


アンビエントモードはスマートフォンなどのデバイスを充電しているとき、画面表示をスマートディスプレイのように変更する機能で、Googleアプリに統合された形で提供されます。画面上部には時刻・温度、その下にはメッセージや天気予報、飛行機の登場予定などの通知が表示され……


画面下部にはスマートホームの操作パネルが表示されます。


また、写真をスライドショーで表示し続ける「フォトフレームモード」に切り替えることも可能。


GoogleアシスタントのプロダクトマネージャーであるArvind Chandrababu氏はアンビエントモードを搭載する目的として、「タスクの達成速度を速くするため」だと述べ、「同種の機能を今後多数実装予定」とコメントしています。

Android公式Twitterによると、アンビエントモードが利用可能になるのは2019年12月第1週からで、対象となる端末は、Android 8以上のOSで動作しているSony Xperiaや、Nokia・Transsion・Xiaomiのスマートフォン、Lenovoの一部タブレットだとのこと。Google製端末であるPixelは対象から外れています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Google Earthにお気に入りの場所を登録したり画像やテキストを追加したりできる「プロジェクト作成機能」が登場&使用方法はこんな感じ - GIGAZINE

Googleが発音のチェックを行う音声認識サービスを開始 - GIGAZINE

Googleのクラウドゲームサービス「Stadia」を実際にプレイして見えてきた強みと弱み - GIGAZINE

AlexaやGoogle Home経由でユーザーの個人情報を盗んだり盗聴したりすることが可能とセキュリティ研究所が警告 - GIGAZINE

Google検索結果に表示される説明文などの詳細なコントロールを可能にする新仕様が発表 - GIGAZINE

in モバイル, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.