メモ

中国政府が「黒服」を香港へ運送することを禁じる

by Luther Bottrill

2019年逃亡犯条例改正案に反対するデモから発展していった2019年香港民主化デモ(香港デモ)は、2019年6月から4カ月以上にわたって続いており、香港内外に経済面でも深刻な打撃を与えています。中国政府はデモを妨害するために、TwitterやFacebookといったSNSで情報操作をしていることが明らかになっていましたが、新たに「黒い服」を含む複数のアイテムを香港へ運送することを禁止したと報じられています。

Chinese government blocks export of black clothing to Hong Kong
https://www.telegraph.co.uk/news/2019/10/17/chinese-government-blocks-export-black-clothing-hong-kong/


China bans imports of black clothes to Hong Kong ? report | News | DW | 17.10.2019
https://www.dw.com/en/china-bans-imports-of-black-clothes-to-hong-kong-report/a-50877868

最大で約200万人が参加したとも報じられている香港デモでは、デモ参加者が無地の黒色のトップス・パンツ・フェイスマスクを着用するケースが非常に多く、黒ずくめの服装がデモ参加者のユニフォームと化しています。

そんな中、香港で発行されている日刊英字新聞のサウスチャイナ・モーニング・ポストによると、中国政府は2019年9月26日に、香港に近い沿岸地域である広東省の宅配業者に対して「香港への配達を禁止するアイテムのリスト」を通知したそうです。

報道によると、禁止されたアイテムは黒い衣類、ヘルメット、傘、トランシーバー、ドローン、ゴーグル、金属チェーン、安全ベスト、たいまつなどが挙げられています。2019年7月にも広東の宅配業者であるPHXBUYが一部のアイテムの配達を禁止する通知を受けており、「旗、旗竿、横断幕」を香港へ運送することが禁じられたと報じられていました。

by Alex Iby

香港デモでは機動隊が使用する催涙ガスやゴム弾から身を守るために、デモ参加者が黄色いヘルメットやフェイスマスク、プラスチック製のアイゴーグルを着用することが定番となっており、傘は機動隊の放水から身を守るために利用されているそうです。なお、香港政府は2019年10月5日にデモの際にマスクなどで顔を隠すことを禁止する「マスク禁止規則」を施行しており、マスク着用は法律的にも禁じられることとなっています。

宅配業者は「製品を郵送する場合、お客様は本名を使用する必要がある」と警告しており、禁止されたアイテムが見つかった場合は「徹底的な調査」を行うと述べました。中国政府によるデモ妨害の動きについて、Telegraphは「既にソーシャルメディア上で多くのユーザーに嘲笑されている」と指摘しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
なぜオーバーウォッチのキャラクターが香港デモの象徴として急速に普及しているのか? - GIGAZINE

生放送中に香港デモの支持を表明した大学のハースストーンチームが6カ月の出場停止処分を受ける - GIGAZINE

香港デモを支持したプロゲーマーに処分を下した企業に対しファンや従業員からも批判の声 - GIGAZINE

香港デモへの支持を表明したプロゲーマーが賞金はく奪&トーナメント参加禁止措置をとられてしまう - GIGAZINE

中国政府は香港デモについてSNS上で情報操作しているとTwitterやFacebookが公表 - GIGAZINE

なぜ中国人留学生は香港デモを理解できず中国政府を支持するのか? - GIGAZINE

in メモ, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.