動画

Death Note女優が汚染された地球で最後の希望を模索する科学者を演じる「ユピテルとイオ」予告編


Netflix版「Death Note/デスノート」でミア・サットンを演じたマーガレット・クアリーと、「オルタード・カーボン」のアンソニー・マッキーが、汚染され滅び行く地球で生き残りの希望を探し続けるか、命をかけて宇宙行きの最後のシャトルに乗るかの間で揺れ動くNetflixオリジナル「ユピテルとイオ」の予告編がYouTubeで公開されています。

ユピテルとイオ | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト
https://www.netflix.com/jp/title/80134721

ユピテルとイオの予告編は以下から。

IO | Official Trailer [HD] | Netflix - YouTube


「科学者は何が起こるのかを予測できた」


「けれど遅すぎた」


映し出されたのは、汚染された地球にポツンと残された基地。人類の多くは生き残るために木星の衛星へと移り住みました。


地球に残って生存の可能性を研究を続ける女性科学者のサム・ウォルデン(演:マーガレット・クアリー)


「こちら、サム・ウォルデン。この放送を聞いている人、私はまだ地球にいます」


人々が「母なる地球」と表現した地球はある時、人間に対して牙をむき、人々はサバイバルを強いられる状況になりました。


荒廃した街を歩くには防護服をまとう必要があります。


街は既に廃虚の状態。


ただしウォルデンが向かう先は……


「クリーンな酸素」と示されています。


ここが基地。


基地に帰るとまずシャワーを浴びる必要があります。


しかしある時……


気球に乗った誰かがウォルデンの基地に到着。


「ラジオを聞いた」と語る男性は「ミカ」(演:アンソニー・マッキー)。


ミカは他にも人がいると考えてウォルデンのもとを訪れた様子。


あちこちを見て回ったミカは「どこも同じ状況だ」と語りました。


地球が危機に陥る前は、教師を目指していたというミカですが……


地球から宇宙へ向かう最後のシャトル発射が近づいており、それに乗り地球を離れる予定のようです。


地球で生き続けるという希望を抱いていたウォルデンですが、「その希望を抱いた多くの人が死んでいっている」と語るミカと過ごすうちに、決意がゆらぎます。


宇宙行きのシャトルが発射するのは48時間後。


シャトルの発射位置を確認するウォルデン。


「しくじったら死ぬ」という危険の伴う作業が続き……


汚染地域で1晩を過ごさなければならないという難題も降りかかります。「不可能だ」と失望するミカに……


「可能性はある」とウォルデン。


地球に未来はない、という状況の中でミカは地球を脱出することができるのか、そしてウォルデンは地球に残り続けるのか……?


なお、「ユピテルとイオ」は2019年1月18日(金)にNetflixで配信開始予定となっています。

・関連記事
世界の終わりが到来して文明が失われた時に生き残るサバイバル術で最も重要なこととは? - GIGAZINE

核戦争後に地球を支配するのはゴキブリなのか? - GIGAZINE

隕石の衝突で人類が滅亡する危険性はあるのか? - GIGAZINE

インフルエンザや感染症の拡大速度を予測する実験 - GIGAZINE

なぜゾンビ映画で動物がゾンビにならないのか科学的に考察するとこうなる - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 動画, Posted by logq_fa