×
動画

もはや「中に人が入っている」としか思えない華麗なジャンプを魅せるボストン・ダイナミクスのロボット「Atlas」


ソフトバンクが2017年に買収したボストン・ダイナミクスの二足歩行ロボット「Atlas」がさらに進化を果たし、もはや「中に人が入ってるんでしょ?」としか思えないほど自然で見事なジャンプを見せるムービーが公開されました。「Parkour Atlas(パルクール・アトラス)」というタイトルが物語るように、従来は見たことがないほどの高い機動性を発揮しています。

Parkour Atlas - YouTube


画面左からやってきたAtlasの目の前には、太めの丸太が転がっていますが……


こともなげに「ピョン」とジャンプ。


着地してそのまま走り去るAtlas。ムービーを見ればわかりますが、その動きに「よどみ」は全くありません。


さらにすごいのがコレ。段差を乗り越えて自分の背丈ほどもある台の上に駆け上ります。


まずは軽くジャンプして、右脚を1段目にかけ……


そしてそのまま、左脚を2段目に。このとき、両腕の動きを見事に合わせて反動も利用しているように見えます。


最後に、右脚を3段目にのせていとも簡単にクリアしてしまいました。


右脚をかけ……


「ハッ!」とばかりに2段目に飛び移るAtlas。人間でもこの動きをできない人はきっとたくさんいます。


片脚のまま3段目にアプローチするAtlas。さぞかし強力なトルクを持つモーターが膝の関節に内蔵されていることでしょう。


そのまま走り去っていくAtlas。「このAtlasが泥棒だったら、もう追いかけられないかもしれない……」などとバカなことすら考えてしまいそうなAtlasの進化が今後どこまで進むのか、末恐ろしいレベルになってきました。

・関連記事
人型ロボ「アトラス」が倒されても荷物を奪われてもめげずに任務を遂行するシュールなムービー - GIGAZINE

バク宙可能な人型ロボット「Atlas」をボストン・ダイナミクスが開発中、驚異的な運動能力を身につけていることが判明 - GIGAZINE

ボストン・ダイナミクスのバク宙ロボAtlasがランニングを始め、四足歩行ロボSpotMiniは徘徊し始める - GIGAZINE

自分でドアを開けるボストン・ダイナミクスの「SpotMini」は人間に邪魔されても自分で考えて任務を完遂可能 - GIGAZINE

あの四足歩行ロボット「SpotMini」をボストン・ダイナミクスが市販することに - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logx_tm