ボストン・ダイナミクスのロボット「Handle」は華麗にジャンプし45kgの荷物を運び雪道も難なく走行できることが判明


2013年にGoogleに買収されたボストン・ダイナミクスは、不気味に走る「BigDog」や蹴られても倒れない「Spot」などロボットを研究開発する企業です。このボストン・ダイナミクスから新しいロボット「Handle」が発表され、45kgの荷物を運んだり階段を下りたり雪道を走ったりするムービーが公開されています。

Introducing Handle - YouTube


Handleは以前に開催された発表会で登場したロボットの正式版のロボット。脚部を折り曲げながら走り回る姿は、アイススケートを滑っている人間のように見えます。最高時速は約14.5kmです。


極端に重心を低くしても転倒することなく滑るところを見ると、ものすごいバランス感覚を持っていることがわかります。


左から右に走ってきたHandle。


左足だけ斜面の上を通り……


着地。


すぐさま右足だけが斜面の上を通るも、バランスを崩すことはありません。


何事もなかったかのように無事着地しました。


今度は100ポンド(約45kg)のおもりが入ったカゴの前に立ち……


アームで荷物を持ち上げます。


45kgの荷物を持っていても、速度を落とすことなく走行することが可能です。


ドア付近から階段へ向けて走り出すHandle。


ゆっくりと一段一段下りるのではなく、走るスピードはそのまま駆け抜けるように階段を下りていきます。


雪が積もった斜面も問題なし。


右から赤い障害物に向かって走り……


そのままジャンプ。


着地も転倒することなくしっかりと決めるHandle。ジャンプできる高さは最大1.2mとのこと。


今度はジャンプして……


障害物の上に着地。


驚くほどスムーズな動作を披露したHandleでした。

・関連記事
ロボットやAIが「権利を持つに等しい存在」になった時、人間はどう考えるべきなのか? - GIGAZINE

MITが選ぶ2017年に注目すべき革新的技術10選まとめ - GIGAZINE

コウモリの独特な飛行スタイルを模倣して飛行や急降下が可能なコウモリ型ロボット - GIGAZINE

荷物を載せて自動で人を追いかける荷物運搬ロボ「Gita」をベスパの親会社Piaggioが発表 - GIGAZINE

ロボットが淹れたてのコーヒーを提供してくれるコーヒーショップ「Cafe X」 - GIGAZINE

226

in ハードウェア,   動画, Posted by darkhorse_log