ハードウェア

あの四足歩行ロボット「SpotMini」をボストン・ダイナミクスが市販することに


ソフトバンク傘下のロボット開発企業Boston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)が、開発中の4足歩行ロボット「SpotMini」を市販化すると発表しました。

Boston Dynamics will start selling its dog-like SpotMini robot in 2019 | TechCrunch
https://techcrunch.com/events/tc-sessions-robotics-2018/

カリフォルニア大学バークレー校で行われた「TC Sessions:Robotics 2018」で、ボストン・ダイナミクスのマーク・レイバートCEOがSpotMiniの市販化を明らかにしました。

Boston Dynamics CEO on being acquired and selling the SpotMini | TC Sessions Robotics 2018 - YouTube


すでに10体のSpotMiniプロトタイプが生産されており、2018年内に製造パートナーによって100体が製造され2019年に発売する予定だとのこと。


重さ14kgのものを運搬可能なSpotMiniにはクビのようなアームを取り付けることも可能。


物をつかんだり、ドアを開けたりできます。このアームもオプションとして提供される予定です。


レイバートCEOは具体的な価格については明らかにしませんでしたが、以下の最新ムービーに登場したSpotMiniは従来モデルの10分の1という低価格で製造できるとのこと。2019年半ばには量産が計画されており、価格はさらに低くなる見込みだそうです。

SpotMini Autonomous Navigation - YouTube


ムービーにあった通り、背中に乗せるカメラ・オプションもリリース予定。複数のカメラを使って周辺環境を3Dスキャンすることで、安定的に周辺状況を把握して進むことが可能になります。

なお、二足歩行ロボットのAtlasの市販予定はないそうです。

ボストン・ダイナミクスのバク宙ロボAtlasがランニングを始め、四足歩行ロボSpotMiniは徘徊し始める - GIGAZINE

・関連記事
ボストン・ダイナミクスの新映像は「ドアノブをつかんでドアを開ける」4足歩行ロボット - GIGAZINE

自分でドアを開けるボストン・ダイナミクスの「SpotMini」は人間に邪魔されても自分で考えて任務を完遂可能 - GIGAZINE

バナナですべって転ぶも自力で立ち上がる首長四足歩行ロボット「SpotMini」 - GIGAZINE

あのボストン・ダイナミクスのマーク・レイバートCEOが母校のMITで行った授業ムービーが公開中 - GIGAZINE

ソフトバンクが数々のロボット開発で知られる「ボストン・ダイナミクス」と「Schaft」を買収 - GIGAZINE

人型ロボ「アトラス」が倒されても荷物を奪われてもめげずに任務を遂行するシュールなムービー - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logv_to