試食

香料不使用・水出しコーヒーのキレそのままにホットで味わう「UCC BLACK COLD BREW HOT PREMIUM」を飲んでみた


水出しコーヒーのキレのある味わいはそのままに、寒い季節にホットで味わえる「UCC BLACK COLD BREW HOT PREMIUM」が2018年10月1日にコンビニ限定商品として登場しています。「香料無添加」というこだわりを貫くUCCブラックの新製品がどんな風味に仕上がっているのか、飲んでみました。

水出し抽出“COLD BREW”が生み出す、HOTに合う澄み切った味わい『UCC BLACK COLD BREW HOT PREMIUM PET450ml』10月1日(月)からコンビニエンスストア限定で新発売! | コーヒーはUCC上島珈琲
https://www.ucc.co.jp/company/news/2018/rel181001.html

UCC BLACK COLD BREW HOT PREMIUMは、天然水で水出し抽出したコールド専用コーヒー「BLACK COLD BREW PET」の兄弟商品で、冬に向けたホット専用品として登場するもの。クールなゴールド基調だったBLACK COLD BREW PETにかわり、ホットなイメージのあるメタリック基調のオレンジ色のデザインが施されています。


ホット専用なのに「COLD」と少しこんがらがってきそうなネーミングですが、あくまで「水出し」という意味の「COLD BREW」シリーズとして登場した一品です。


UCCは1987年に世界で初めてブラック無糖缶コーヒーを発売したブランド。「ブラックコーヒーのパイオニア」というフレーズの上には「No Artificial Flavorings(人工調味料不使用)」と書かれています。


原材料は「コーヒー」のみという潔さで、カロリーは「0kcal」と完全ノンカロリー。内容量は450mlです。


ホット専用品ということで、冷温庫に投入して温めてから飲んでみました。


思わず「アチチ」となってしまう60度前後に温めた状態で味わってみます。


フタを開け、グラスに注いだ瞬間から感じられるコーヒーの香り。しかもその香りは、確かに水出しコーヒーを感じさせるスキッと透き通ったものとなっています。


味わいはまさに「水出しコーヒー」を感じさせるスキッとした味わいで、苦みが控えめでツルリとした舌触りもまさに水出しコーヒーそのもの。温めたために香りが強調されているという面もありそうですが、口に近づけるたびにコーヒーの香りがフワッと漂ってくるのは、ホット専用にチューニングされた効果なのかもしれません。


UCC BLACK COLD BREW HOT PREMIUMは希望小売価格160円(税込)で、全国のコンビニエンスストアで購入することができます。

・関連記事
コーヒー豆ではなく麦を焙煎した麦のコーヒー「世界のKitchenから 麦のカフェ CEBADA」を飲んでみた - GIGAZINE

コカ・コーラのおいしさを感じつつもコーヒーの後味が残る「コカ・コーラ プラスコーヒー」を飲んでみた - GIGAZINE

IBMが「心を読んでコーヒーを届けるドローン」の特許を取得 - GIGAZINE

なぜコーヒーにはカフェインが含まれているのか? - GIGAZINE

コーヒーやサンマのはらわたなど「大人の味」がわかるようになるのは唾液に含まれるタンパク質のおかげかもしれない - GIGAZINE

コーヒーを飲んでいないときに起きる頭痛は「カフェイン切れ」の可能性アリ - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log