ソフトウェア

Twitterがオンラインかどうかを知らせる「Presence」やリプライを階層化する「Threading」をテスト中


Twitterが新機能「Presence」と「Threading」をテスト中であることを、ジャック・ドーシーCEOがツイートしました。Presenceはユーザーのオンライン/オフラインを知らせる機能、Threadingはリプライをメッセージアプリ風に表示する機能です。


・Presence
ドーシーCEOが引用しているのはTwitterのサラ・ヘイダー氏のツイート。ヘイダー氏の「長い今週末、みんなはどうするの?」というツイートにリプライが付いています。


リプライしたユーザーのアイコンに緑のマーク。これが新機能「Presence」で、このマークがついているユーザーは、Twitter上でアクティブ状態だとのこと。このマークによって、ショートメールを送る相手を探しやすくなりそうです。


なお、Titter上でアクティブかどうかを表示するPresenceについてはプライバシーの観点から機能の有効/無効をユーザーがフルコントロールできる、オプトイン(もしくはオプトアウト)形式で提供される予定です。


・Threading
もう一つの新機能Threadingは、その名の通りリプライをスレッド化して階層に表示するもの。大量のリプライがある場合、一覧表示ではわかりにくいメッセージのやり取りをわかりやすくしてくれます。


Twitterがテストしている新機能「Presence」と「Threading」はテスト段階で、ユーザーからの意見を募っている状態で、正式リリースされる時期は記事作成時点では不明です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Twitterが「このアカウントのフォロー外したら?」機能をテスト - GIGAZINE

Twitterが「ロックされたアカウント」をフォロワー数から除くと発表、フォロワーが大幅に減少するアカウントがある可能性も - GIGAZINE

Twitterが「荒らし」によるクソツイートを非表示にすると発表 - GIGAZINE

Twitterサードパーティアプリは8月からリアルタイムのタイムライン取得が不可になる新API「Account Activity API」発表 - GIGAZINE

Twitterが複数ツイートをまとめるスレッド機能を公開、実際に使ってみた - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア,   ネットサービス, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.