試食

ふわふわ生地のコッペパンを70種類以上から選べる専門店「こぺてりあ」で6尾分のえびを使った「極上えびカツ」などを食べてみた


自然でやさしい甘さとしっとり感を持つこだわりのコッペパンを提供する専門店「こぺてりあ」の関西初となる店舗、大阪・箕面店が2018年8月9日(木)にオープンしました。毎朝店舗で発酵・焼き上げをするこだわりのコッペパンは、どんな具材とも相性抜群に仕上げていて、70種類以上の具が用意されています。そんなコッペパンがどんな味か実際に食べて確かめてみました。

「かわいいコッペにたっぷり具材の」こぺてりあ
http://copeteria.jp/

こぺてりあ箕面店は、阪急電鉄北千里駅から出るバス(30・55・59・175系統)と徒歩を合わせて約14分の場所にあります。所在地は「〒562-0031 大阪府箕面市小野原東1丁目9−45」


こぺてりあ箕面店に到着。


訪れたのは平日の夕方でしたが店内に行列ができていました。オープン当日は、閉店2時間前にコッペパンが売り切れてしまったそうです。


お店はキッチンが見えるようになっていて、目の前で店員さんがコッペパンに具を挟む姿が見られます。


コッペパンは約70種以上のメニューがそろっていて、大きくわけて「おそうざいコッペパン」と「スイーツコッペパン」があります。コッペパンは、焼き立てを冷まして注文後にサンドするため、パンと食材両方の美味しさをしっかりと楽しめるとのこと。


なお、コッペパンはテイクアウトも可能な商品となっています。


今回は「超おすすめ」という看板メニュー、こだわりのえびカツを挟んだ「極上えびカツ」と……


人気という「とちおとめのジャムマーガリン」に……


揚げたコッペパンでアイスクリームを挟んだ「揚げパン アイス(シュガー)」
を注文します。


店内には注文したコッペパンを食べられるイートインスペースが30席あり、注文したテイクアウトの品を座って待つこともできます。


注文してから6分ほどで、左から「極上えびカツ」「とちおとめのジャム」「揚げパン(シュガー)」ができあがりました。


こぺてりあのコッペパンを手に取るとまずそのやわらかさに驚きました。やわらかい生地は、端を持つと重力に引かれて曲がって落ちそうになります。


◆極上えびカツ
「極上えびカツ」(税別420円)は、えびカツを挟んだ”おそうざいコッペパン”です。


コッペパンを開けると、えびを6尾使っているという「えびカツ」が半身で計1枚分挟まっていました。他に千切りキャベツが挟まれていて、コッペパンには黄色いカレーソースが塗られています。なお、えびカツはえびのすり身を使わず、えびを丸々と使うこだわりの品です。


コッペパンを近づけると、甘辛い味を想像させるソースの香りが漂います。


食べてみると、ふわふわのコッペパンとプリっと甘味と旨味のあるえびがマッチしています。コッペパンはほんのり甘い味です。挟まれている具はどれも食感が豊かで、えびカツはほんのり温かくて、サクサクの薄い衣に甘辛くて塩味が強めのソースが染みこんでいます。カレーソースはスパイスが香るマヨネーズのような味で、ソースの濃い味をまとめ上げています。千切りキャベツは、ソースとカレーソースが染みこんでいて、シャキシャキとした食感で、十分おかずになる存在です。そして、全体をコッペパンのふわふわでしっとりとした生地がサポートしています。


◆揚げパン アイス(シュガー)
次は、アイスクリームを挟んだ”スイーツコッペパン”の「揚げパン アイス(シュガー)」(バニラ:税別290円)です。中に挟むアイスクリームは6種類から選ぶことが可能で、今回はバニラアイスを選択しました。


揚げられたコッペパンの表面には、砂糖がまぶされています。


コッペパンの中には、とろけたバニラアイスが3玉挟まっています。


揚げられたコッペパンの表面はサクッとしていて、中の生地はしっとりとした食感を保っています。中の冷たいバニラアイスのとろとろの食感がグッド。砂糖のストレートな甘さと、バニラアイスの濃厚なミルキーさがコッペパンの食感と組み合わさってスイーツになっています。サクサクになったコッペパンは、えびカツを挟んでいたものとは別物のようです。


◆とちおとめのジャムマーガリン
最後はスイーツコッペパンの「とちおとめのジャムマーガリン」(税別160円)です。


コッペパンの内側、写真では上の面にイチゴのとちおとめのジャムが、もう片方の面にはマーガリンがたっぷりと塗られています。


「イチゴジャム×マーガリン×コッペパン」というシンプルな組み合わせでありながらも、普通のものと比べてワンランク上と感じさせる仕上がりです。甘酸っぱくてやや酸味が効いたとちおとめのジャムをホワホワのコッペパンがやさしく包みこんでいます。普通のコッペパンだとジャムと組み合わせて喉が渇きそうですが、しっとりとしてやわらかいコッペパンの生地にはそんな心配はありません。マーガリンでジャムの存在感が前に出すぎないのもよい感じ。大きめのコッペパンをペロりと食べられました。


こぺてりあは、箕面店のオープンを皮切りに関西であと3店舗オープンする予定です。オープン日順に、大阪・都島店は2018年8月13日(日)に、兵庫・姫路みゆき通り店は2018年9月中旬に、大阪・堺東銀座通り店は2018年10月中旬となっています。店舗や他のコッペパンの詳しい情報は以下のリンク先からチェックしてみてください。

「かわいいコッペにたっぷり具材の」こぺてりあ
http://copeteria.jp/

・関連記事
しっとりやわらかほわっほわの白いコッペパン「コメダ謹製 やわらかシロコッペ」が名古屋駅にオープンしたので食べてみました - GIGAZINE

あの「雪見だいふく」をほわほわコッペパンで挟んだコメダ珈琲「雪見だいふくシロコッペ」のひんやりモチモチ食感を味わってみた - GIGAZINE

1万4400年前には既にパンが焼かれていたことが明らかに - GIGAZINE

世界中で食べられる「パン」の歴史とは? - GIGAZINE

「1週間で1度も休みを取らなかった」としてフランスの裁判所がパン職人に罰金を科す - GIGAZINE

アジア料理「フムス」を加えたポテトサラダサンドやエビ入りペーストを使ったシュリンプサンドなどタリーズの新ボックスサンドを食べてみた - GIGAZINE

生ハム&牛肉の薫製のうま味を挟んだ「ミラノサンドA ビーフパストラミ&生ハム」などドトールの夏の新メニューを食べてみた - GIGAZINE

ぷりぷりの海老&フルーティーなピリ辛ソースを合わせたサブウェイのサンドイッチ「スパイシーシュリンプ~スイートチリソース~」を食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1f_yi