トップスケーターの襲撃事件を映画化した「アイ、トーニャ」中のスケーティング映像を実物と比較したムービーが公開中


女子選手として史上2人目、アメリカ初のトリプルアクセル成功者として知られたトーニャ・ハーディングは、1994年にトップスケーターのナンシー・ケリガンが襲撃された「ナンシー・ケリガン襲撃事件」に関与していたとして、疑惑の渦中に置かれました。2018年5月4日(金)公開の映画「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」で、主演のマーゴット・ロビーはハーディングの滑りを「再現」するために相当ハードな練習をこなしたということで、そのシンクロっぷりがわかる映像が公開されています。

映画「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」トーニャ・ハーディング再現比較


ナンシー・ケリガン襲撃事件後のリレハンメルオリンピックでは、トーニャ・ハーディングは靴紐のトラブルでフリーの演技に失格ギリギリで現れました。


マーゴット・ロビーはいら立ちを隠せないトーニャを好演しています。


こちらは実際のトーニャの映像。


さっそうとジャンプを跳びます。


こちらは映画の中でロビーがスケーティングするシーン。ロビーは映画の撮影に入る4カ月前から週5回、トーニャが滑る映像を参考にして1日4時間にわたってスケートの特訓を行ったそうです。2016年に結婚式を挙げたロビーですが、結婚式の前日もスケートリンクに入るほどだったとのこと。


トーニャはリレハンメルオリンピックのフリー演技でジャンプを失敗した後、泣き出して演技を中断しましたが……


もちろん、そのシーンも余すことなく再現。


スケート靴を審査員たちに見せ、演技のやり直しを求めてアピールするシーンも……


史実に沿ったものです。


まるで本物のスケート選手のようにスピンをするロビー。


トリプルアクセルなど、VFXの助けを借りた部分はあるとのことですが、実際のトーニャの演技と合わせてみるとかなりのシンクロ具合。


体を反らせて演技をスタートする様も堂々たるもの。


衣装も実際にトーニャが着用したものとそっくりでした。


演技の最中、ロビーは鬼気迫る表情を見せることも。


ジャンプで踏み切る瞬間も、スピード感にあふれています。


スキャンダラスな事件を巻き起こしたトーニャは……


「”真実”って何よ?」と吐き捨てます。ロビーはスケート演技だけではなく、トーニャの特徴的な笑い方、加えてアメリカ北西部のなまりまで演技で再現しようと、本格的な役作りに励んだとのこと。


トーニャの母親は暴力と言葉で幼少期からトーニャを支配して……


「同年代のスケーターは敵だ」と教え込みました。


トーニャに対しては暴力も辞さない教育方針だった様子。


成長するにつれて、トーニャ自身も同じリンクで練習するスケーターに対して敵意をむき出しにする、好戦的な性格になっていきます。


審査員たちがつけた点数に不服があれば食ってかかり……


怒りのあまりスケート靴を投げ捨てる姿も。


トーニャがアメリカ代表になることに不満を持つ人々もいる中……


ナンシー・ケリガン襲撃事件が発生します。


トーニャは事件に関係したとして、大きな注目を集めました。


事件の真相は明らかになるのでしょうか。


「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」の日本公開は2018年5月4日(金)からです。

・関連記事
ライバルを襲撃して膝を殴打したフィギュアスケーターのトーニャ・ハーディングの伝記映画「アイ、トーニャ」最新予告編公開 - GIGAZINE

「ナンシー・ケリガン襲撃事件」の真実に迫るトーニャ・ハーディングの伝記映画「I, TONYA」公式予告編ムービー - GIGAZINE

なぜ女子フィギュアの「トリプルアクセル」はこれほどまでに難しいジャンプなのか? - GIGAZINE

「バーフバリ 王の凱旋」完全版の予告編解禁、インドで3人に1人が鑑賞した映像を日本でも見られるように - GIGAZINE

「君の名は。」アニメ制作会社の新作映画「詩季織々」キャスト発表、新場面写真も解禁に - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 動画,   映画, Posted by log1h_ik