デザイン

目が見える人も見えない人も読むことができるユニバーサルフォント「Braille Neue」


「どうして自分は点字を読めないのだろう?」というアイデアから、グラフィックデザイナーのKosuke Takahashiさんが目が見える人も見えない人も等しく情報にアクセスできるフォント「Braille Neue」を作成しました。

Braille Neue
http://brailleneue.com/

「全ての人に点字を」ということでTakahashiさんが作ったのは目で読める墨字と指で読める点字が一体となったフォント。墨字の上に点字が配置されていることから、新しいスペースを設けなくとも視覚障害者に向けての情報を示すことができます。


実際に公共スペースで使われているイメージはこんな感じ。駅などの手すりにトイレの文字がBraille Neueで書かれていれば、手すりを持っている視覚障害者が情報に気づけ、また目の見える人にとっても便利です。


横から見るとこんな感じ。


2018年4月現在はアルファベットや数字の「Braille Neue standard」のほか……


日本語フォントを含む「Braille Neue outline」もデザインされています。


Braille Neueは既存の点字に上書き可能。Takahashiさんは、Braille Neueが2020年の東京オリンピックやパラリンピックの標準になることを望んでいるといいます。


なお、Takahashiさんは費用対効果の高いプリント方法について実験しており、最終リリースに向けてブラッシュアップを行っているとのことです。

・関連記事
無料で商用利用も可能な印象的な英字フォントいろいろ - GIGAZINE

無料で商用利用可能なスタイリッシュかつシンプルなフォントいろいろ - GIGAZINE

無料で商用利用可能な英字フォント20種類 - GIGAZINE

無料ダウンロード&商用利用可能な限界ギリギリ読めるフォント「源界明朝」 - GIGAZINE

商用利用可能な無料フォントを検索可能な「FONT BEAR」 - GIGAZINE

無料で商用利用も可能な小説で使えるハイクオリティな本文用オールドスタイル明朝体フォント「しっぽり明朝」 - GIGAZINE

in デザイン, Posted by logq_fa