ゲーム

「農業の息抜きに(ゲームで)農業する」農家が登場、リアル農業と農業シミュレーションゲーム「Stardew Valley」の違いを語る


農業機械(農機)のオートメーション化により、農作業の効率化および自動化が進んでいます。だからといって農作業のすべてを機械が行っているというわけではなく、アメリカ・カリフォルニアの北部で農家として働くティムさんは、機械と人手を使ってなるべく少ない量の農薬や化学肥料を用いた農業を行っているとのこと。そんなティムさんは農機が自動で運転されている間に農業シミュレーションゲームの「Stardew Valley(スターデュー バレー)」をプレイするようになったそうで、このことを海外掲示板サイトのReddit上で「農業中に農業してるよ」と報告したところ、多くの人々の注目を集めることとなっています。

Farming while farming. : StardewValley
https://www.reddit.com/r/StardewValley/comments/89qall/farming_while_farming/


Farmer Uses Stardew Valley As An Escape
https://kotaku.com/farmer-uses-stardew-valley-as-an-escape-1825024143

約2000エーカー(約810万平方メートル)もの広大な土地を、3人で管理しているという農家のティムさん。広大な土地をカバーするためにオートメーション化された農機を使って農作業を行っており、農機を管理する必要はあるもののヒマな時間もたくさんあるそうです。「私が農機に乗って1時間で移動する距離は、おそらく6マイル(約9.7km)程度です。オートステアリングを搭載した農機を使っている農家の人は、(自分と同じように)退屈な時間をつぶすために本などを農機の中に持ち込んでいるんじゃないかな」とティムさん。実際、農機を使って農作物の種をまいたりする今のシーズンは特にヒマな時間ができるようで、農機の中で勉強したりゲームをしたりRedditをチェックしたりする時間がたくさんとれるそうです。

ティムさんは「私はトラクターの中でゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドをクリアしました」と、これまでも農作業中にゲームで暇つぶししてきたことを明かしています。また、最近はマインクラフトやスターデュー バレーにハマっているそうで、「私にとってスターデュー バレーは実際の農業よりもリラックスして行えるし、自由にいじくり回すこともできるため、Farming Simulatorのようなリアルなものよりも現実逃避になって良い」と語っています。なお、ティムさんはスターデュー バレーのPC版とNintendo Switch版の両方をプレイしており、プレイ時間は既に200時間をオーバーしているそうです。

Stardew Valley [Nintendo Direct mini 2018.1.11] - YouTube


ゲームの中の農作業生活は、ティムさんほど広大な土地を管理するわけではないものの、「農村での生活はかなりリアルなものになっている」とのこと。ティムさんは「私は妻と愛犬と一緒に地元の街から出てきて、まるでゲームの中のような生活をしています」「私の地元にはコミュニティセンターのような今にも倒壊してしまいそうな高層ビルの数々が並んでいましたが、不幸なことに、あらゆるものを直して皆を幸せにしてくれるジュニモのような存在はいませんでした」と語り、スターデュー バレーのような生活をしながら、現実世界ではスターデュー バレーに登場する魔法のような存在がいないことを嘆いています。

ティムさんの農場では主にアーモンド・米・綿・トウモロコシを育てているそうですが、「(ゲーム中で農作物を買取ってもらうことができる)ピエール雑貨店に行き、米を買取ってもらおうと思ったら価格が下がったと言われたらどうです?1年かけて育てた米の価格が下がる、つまり収入が減るとしたらどうです?」と語り、現実とゲームの中では農業生活にも大きな違いが出てくることを指摘。


また、Reddit上でティムさんは農業の過酷さをカジノに例えており、「トラクターの中で1日10時間ゲームをプレイする生活は楽しげに聞こえるかもしれませんが、実際には簡単な生活からはほど遠い」と記しています。

スターデュー バレーに登場するキャラクターの中でお気に入りのものはいるかと問われたところ、ティムさんはシェーンを挙げています。その理由は「アルコール中毒でうつ病というのが、自分とリンクする部分があるから。特に私が軍を退役した直後は、シェーンとよく似ていました」とコメントしています。なお、農家としての暮らしやライフスタイルはティムさんにとってピッタリのものだったそうで、農家として働き出してから、より地域のコミュニティに参加するようになり、地元の消防団にも加わるようになったそうです。

さらに、「実際の農家としての生活とスターデュー バレーはどちらが楽しい?」という質問に対しては、「日中の気温は46度もあり、ひと月半で1日の休みもないので、スターデュー バレーが1番だね」と語りつつ、「でも、畑の作物を収穫し尽くして、深くため息をつきながら『ふ~、1年も終わりか』とつぶやき、家に帰って妻と愛犬と一緒に赤ワインを飲む瞬間に勝るものはないね」と、農家としての喜びがゲームに勝る瞬間は確かに存在するとしています。

・関連記事
インディーズゲームの開発者が初めてゲームをリリースした1年間を振り返る - GIGAZINE

農業シミュレーション「Stardew Valley」風のドット絵で魔法世界を冒険する「Spellbound」 - GIGAZINE

工業化された農業によって地球は「第六の大量絶滅期」を迎えると科学者が警鐘を鳴らす - GIGAZINE

大規模農家が直面する大量廃棄から生まれた野菜とは? - GIGAZINE

農業と教育、ドローン輸送の拠点となって貧困を救うための施設「Mashambas Skyscraper」 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 動画,   ゲーム, Posted by logu_ii