「――見つけたよ、ボクのダーリン」と言いそうなダーリン・イン・ザ・フランキスの妖艶な美少女「ゼロツー」&主役ロボ「ストレリチア」立体化


2018年1月に放送開始したオリジナルアニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」のヒロイン・ゼロツーと、彼女と主人公が乗り込むロボット兵器「ストレリチア」が早くも立体になりワンダーフェスティバル 2018[冬]に登場しました。

セガプラザのブースには、2018年6月2週登場予定の「ダーリン・イン・ザ・フランキス プレミアムフィギュア “ゼロツー”」が展示してありました。原型は平八座禅vsBカンパニーの本多平八さん。腕を大きく広げ踊るようなポーズが印象的です。


つり上がった目は怪しく光り、妖艶な雰囲気を醸し出しています。見つめていると吸い込まれそうな魅力は、ゼロツーのミステリアスさがよく現れているよう。


横からのアングル。たなびく桃色の髪の毛と真っ赤な衣装、真っ黒なストッキングのコントラストから目を離せません。横からだとどこか悲しげな表情に見えるのも、作品の雰囲気に合っていてドキッとさせられます。


グッドスマイルカンパニーのブースには、主人公・ヒロとゼロツーが乗り込むフランクスなるロボット兵器「ストレリチア」の原型が展示されていました。原型は坂埜竜さん。2018年発売予定で価格は未定です。力強い立ち姿にほれぼれしてしまいます。


フランクスの特徴である女性的なフォルムで細身のボディーにゴツゴツと装備を構えた姿は、強さと美しさを追及したこだわりがうかがえます。関節部分や各兵器のディティールなど、細かいところも見逃せません。


斜めからのアングル。ストレリチアの主武装であるランスは体長よりも長く、立ち姿のりりしさを後押ししています。



グッドスマイルカンパニーブースには、ゼロツーのねんどろいども展示されていました。腰に手を当てた尊大な立ち姿ながら、ちょこんとデフォルメされたゼロツーは本編とは別のかわいらしさがあります。


頭のパーツや衣装のデザインなど、細かいところもデフォルメされつつしっかり再現されていました。ねんどろいど「ゼロツー」は発売時期・価格ともに未定です。



なおKOTOBUKIYAブースでは、ゼロツーのスケールフィギュアが初展示されていたとのことです。

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2018[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

2018年冬季開始の新作アニメ一覧 - GIGAZINE

刺激的なモモからトランスホワイトVerの金色の闇まで「To LOVEる -とらぶる-ダークネス」まとめ - GIGAZINE

in 取材,   アニメ, Posted by log1e_dh