無料でOpenSSLに関する実務的な手順や解説が参照できる「OpenSSLクックブック」が配布中


インターネット社会において通信の暗号化は不可欠です。オープンソースで開発・提供されているSSL・TSLプロトコルのソフトウェア「OpenSSL」は通信を暗号化するために用いられるライブラリで、ほぼすべてのUnix系やWindowsのプラットフォームで利用可能。WEBブラウザの通信で使われる「HTTPS」通信もOpenSSLで動作しているなど、非常に広範囲で使用されている暗号化ライブラリです。そんなOpenSSLを学びたい人に最適な技術書「OpenSSLクックブック」が、プログラミング言語等IT関連の専門知識に関する技術書を出版しているラムダノートから2018年2月6日より無償配布されています。

『OpenSSLクックブック』提供開始のお知らせ - 技術書出版と販売のラムダノート
https://www.lambdanote.com/blogs/news/openssl-cookbook

「OpenSSLクックブック」はラムダノートが販売している「プロフェッショナルSSL/TLSプロフェッショナルSSL/TLS」からOpenSSLに関する章を抜き出したもので、直販サイトから無償ダウンロードが可能です。ダウンロードしたい場合は「カートに追加」をクリック。


「OpenSSLクックブック」がカートに追加されるので、「購入する」をクリック。


メールアドレス・名前・郵便番号・住所・電話番号を入力して「お支払い方法」をクリック。


「OpenSSLクックブック」は無償配布されているので、支払い方法の選択は不要でした。「注文を確定する」をクリック。


これで注文は完了です。


登録したメールアドレスにダウンロードページへのリンクが張られたメールが届くので、「注文完了ページ」をクリック。


「電子書籍のダウンロードページへ移動」をクリック。


「生成する」をクリックすると……


「OpenSSLクックブック」のPDFがダウンロードできます。「ファイルを保存する」にチェックを入れて「OK」をクリック。


ダウンロードした「OpenSSLクックブック」をダブルクリックすると……


「OpenSSLクックブック」を読むことができます。


前書きには「セキュリティに関する業務、Web開発、あるいはシステム管理に携わっているのであれば、多かれ少なかれOpenSSLを扱う仕事からは逃れられないでしょう」とあり、OpenSSLの重要性を再認識させられ、「勉強しなきゃ」という気分にさせてくれます。


目次にはずらりとOpenSSLに関する実務的な項目が並びます。


鍵と証明書の定期的な発行を行う立場の人や……


組織内で証明書を発行する過程でOpenSSLを扱う人にとっては、第1章の内容が有用。


第2章では、サーバーを安全に管理するために必要不可欠な、OpenSSLを使用してサーバーをテストする方法に関して解説されています。


OpenSSLは脆弱性が問題になるなど完璧ではないものの、最も成功したオープンソースプロジェクトの一つであることは疑いようがない事実。セキュリティ関連の業務に携わる人や、WEB開発を行う人は「OpenSSLクックブック」を手元に置いておくと、OpenSSLについて手軽に参照できるため便利かもしれません。

・関連記事
通信傍受や暗号化の未来は「暗闇の中」と多くの識者が意見を一致させる - GIGAZINE

ネット上のサイトの約66%が使用するOpenSSLに重大なバグが発見される - GIGAZINE

Windows 2000以降の全バージョンに存在する脆弱性を突くサイバー攻撃ツールが公開される - GIGAZINE

Android 4.1.1と4.2.2搭載端末の一部にHeartbleedの影響を受ける可能性があると判明 - GIGAZINE

CPU脆弱性メルトダウンの対策パッチを導入したEpicのゲームサーバーのCPU使用率が爆上げ - GIGAZINE

in ネットサービス,   セキュリティ, Posted by log1h_ik