クリーミーな味わいが特徴的なモスの新メニュー「とびきりハンバーグサンド<薫るベーコン&クリーミーポテト>」を食べてきた


モスバーガーで展開されている食べ応えのあるハンバーガー「とびきりハンバーグサンド」シリーズに、「薫るベーコン&クリーミーポテト」が2017年11月21日(火)から期間限定で加わっています。食欲の増す季節にぴったりの、ベーコンにマッシュポテトを合わせた重量感のあるハンバーガーだということなので、実際に食べて確かめてきました。

秋冬限定プレミアムなグルメバーガー「とびきりハンバーグサンド<薫るベーコン&クリーミーポテト>」~11 月21 日(火)から全国のモスバーガーで新発売~
(PDFファイル)http://www.mos.co.jp/company/pr_pdf/pr_171031_1.pdf

モスバーガーに到着。


店頭のメニューには、とびきりハンバーグサンドのラインナップに「薫るベーコン&クリーミーポテト」が期間限定メニューとして掲載されています。


ノーマルとスライスチーズ入りの2種類があるので、今回は1つずつ注文することにしました。左が「とびきりハンバーグサンド<薫るベーコン&クリーミーポテト>スライスチーズ入り」(税込610円)、右が「とびきりハンバーグサンド<薫るベーコン&クリーミーポテト>」(税込580円)で、注文してから5分ほどで運ばれてきました。


ノーマルの「薫るベーコン&クリーミーポテト」を横から見ると、上からマッシュポテト・スモークベーコン・ハンバーグ・トマト・グリーンリーフが見えます。


バンズをめくってみると、マッシュポテトの上にはオニオンソテーが載っていました。


早速、通常の「薫るベーコン&クリーミーポテト」から食べてみると、生クリームやバターを加えたマッシュポテトの食感が口の中に行き渡り、とてもクリーミーな味わいを感じます。それに追従するかのように、トマトの風味と国産豚と牛の合挽肉で作ったハンバーグに、スモークベーコンの風味、そしてオニオンソテーの甘味がプラスされます。バラバラな味になるかと思いきや、和風のソースがうまく全体を纏めていて、ジューシーでありながら、あっさりとした味わいを楽しめます。


続いて、スライス入りチーズ入りの「薫るベーコン&クリーミーポテト」。こちらはパティの上にスライスチーズが載っているのが特徴です。


バンズをめくっても、スライスチーズ以外に変化はありません。


口に運んでみると、チーズが載ってる分、より濃厚な味わいになるかと思いきや、通常の「薫るベーコン&クリーミーポテト」と比べて、全体的に味がまろやかになり、コクのある風味を感じることができます。チーズの有無でかなりの味わいの変化があるので、2人以上で行って食べ比べたり、あるいは複数回行ってトッピングを変えるというのもアリです。


「とびきりハンバーグサンド<薫るベーコン&クリーミーポテト>」は2017年11月21日から2018年2月上旬までの期間限定で発売中です。

・関連記事
減量中の人がおやつの誘惑に最も屈しやすい時刻は午後3時23分 - GIGAZINE

いかにもアメリカンな本格バーガーを楽しめるLA発の「Johnny Rockets」に行ってみました - GIGAZINE

バクテリアはどれだけあなたの体を支配しているのか? - GIGAZINE

空腹時に少しでもヘルシーなメニューを選ぶには何が必要か? - GIGAZINE

アメリカのファストフードはマクドナルド以外にもハンバーガーだらけ - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1j_ty