卵ご飯やユッケにガーリック&オニオンの香ばしさをプラスする、食べるしょうゆ「キッコーマン サクサクしょうゆ」試食レビュー


ローストオニオン、フライドガーリック、ごまなどの具材を、フリーズドライにして旨みを凝縮したサクサクのしょうゆと合わせた「キッコーマン サクサクしょうゆ」がキッコーマンにて取り扱われています。一大ブームとなった「食べるラー油」のようなものなのだろうか?どう違うのだろうか?と気になったので、実際に購入したものを卵かけご飯・マグロのユッケ・豚野菜炒めなどにして食べてみました。

フリーズドライしょうゆを使った、サクサク食感の“食べるしょうゆ”! 「キッコーマン サクサクしょうゆ」新発売! | キッコーマン
https://www.kikkoman.co.jp/news/17003.html

これが「キッコーマン サクサクしょうゆ」のパッケージ。


内容量は90gで、原材料名にはなたね油を筆頭に、フリーズドライしょうゆ・ごま・粒状大豆たん白・ローストオニオン・砂糖・フライドガーリック・オニオンパウダーなどが並んでいます。カロリーは90gあたり594kcal。


パッケージはチャック式。ハサミ不要でつまみを引っ張るだけで開けられます。


中身を取り出してみるとこんな感じ。


お皿を傾けると油がたまります。ふりかけのようなドライなタイプではなく、ウェットな質感です。


茶色い部分がフリーズドライのしょうゆで、ローストオニオンやごま、大きめにカットされたフライドガーリックなども確認できました。


ということで、まずはごはんにかけて食べてみます。フライドガーリックやローストオニオンの香ばしさが初めに口の中に広がるため、「食べるラー油と似ているような」と感じるのですが、かめばかむほど、しょうゆの風味がジワジワと広がってきます。一口目では分かりにくいのですが、しょうゆの風味や塩気はぎゅっと凝縮されているので味は濃い目です。


ラー油のようなピリ辛さや「ご飯にかけるギョーザ」のような分かりやすい旨みがないので、もうひと味欲しい……ということで、卵ご飯にしてみます。


とろーりとした卵と一緒に食べてみると……


しょうゆのとがった塩辛さがマイルドになってグッド。ガーリック&オニオンの香ばしさをプラスした卵かけご飯という感じ。


さらにマグロ&アボカドと「キッコーマン サクサクしょうゆ」を合わせてみます。


食材を加えていってわかったのは、「キッコーマン サクサクしょうゆ」はシンプルな味わいであるがゆえに、組み合わせる食べ物を選ばないということ。ご飯にのせて食べた時は「少し物足りないような」と感じたのですが、卵ご飯やユッケに合わせると、素材の味を生かしてしょうゆ本来の旨みや具材の香ばしさを発揮します。マグロ&アボカドという組み合わせも、香ばしい風味やサクサクした食感があることによって、鉄板の味にいい感じの変化を加えていました。


さらに、豚肉や野菜を炒めて……


「キッコーマン サクサクしょうゆ」をプラス。


これももちろん好相性。ローストオニオンの甘さやガーリックとごまの香ばしさが手抜きの豚野菜炒めをワンランク上の仕上がりに昇華していました。


ということで、「キッコーマン サクサクしょうゆ」は、そのまま食べた時の衝撃度は低いのですが、しょうゆと同様にさまざまな食材に合い、いつものおかずに旨みと香ばしさの変化を与えてくれそうな感じ。なお、希望小売価格は315円で、Amazonでは3個セットが税込1021円で購入可能です。

・関連記事
とろとろ卵をごはんやハンバーガーなどあらゆる食べ物にかけられる「エッグヨークソース」の作り方 - GIGAZINE

山奥にある卵かけ放題な「卵かけご飯専門店」で新鮮で甘みのある濃厚な卵を好きなだけ味わってきた - GIGAZINE

とんかつをご飯にのせて熱々のお茶をかける「とんかつ茶づけ」を食べてみました - GIGAZINE

火も電気も使わずに熱々のご飯が作れるお弁当型調理器&タンブラー「BAROCOOK」を使ってみた - GIGAZINE

ご飯を何杯でもおかわりできそうな「ご飯にかけるギョーザ」を食べてみました - GIGAZINE

朝の眠気を激辛の刺激で吹き飛ばすご飯の友「燃えめし」 - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa