試食

ご飯を何杯でもおかわりできそうな「ご飯にかけるギョーザ」を食べてみました


ご飯と相性のいいおかずは人それぞれ無数に存在しますが、その中でも食べるとジューシーな肉汁があふれ出すギョーザは鉄板おかずの1つ。そんなギョーザとご飯を一緒に食べたような味わいを楽しめるのが「ご飯にかけるギョーザ」とのことなので、実際にご飯にかけて食べてみました。

ご飯にかけるギョーザ
http://aruyo21.jp/s_yuuyuu_1122.html

こちらがご飯にかけるギョーザです。


ご飯にかけるギョーザのエネルギーは、100g当たり287kcal。


原材料はしょうゆ・ごま油・玉葱・にんにく・生姜などです。


フタを開けると、油がヒタヒタに入っていて、ギョーザのタネとお酢の香りがします。


油の下側はモコモコとした見た目。


スプーンですくうと、ドロッとしたそぼろ肉のような中身です。味見してみたら、ニンニクとショウガ、ラー油、そしてポン酢の味が口の中で広がり、まさにタレにつけて食べるギョーザ。肉類は入っていないのですが、ギョーザっぽく仕上がっているのが不思議です。


味見したところでティースプーン2杯分をご飯にのせて食べてみます。


ご飯にかける餃子をご飯と一緒にパクリ。口の中にはタレをつけたギョーザとご飯を食べているような風味が広がり、タマネギやショウガの食感も「らしさ」を引き立てます。強いて言うと、ギョーザのタネだけをタレにつけてご飯と一緒に食べている感じ。ご飯との相性はバッチリで、これだけでお茶わん1杯は軽く食べられそう。


「ご飯にかけるギョーザ」はラーメンやうどんに入れても合うとのことなので、ラーメンに入れて食べてみます。


「ご飯にかけるギョーザ」を入れるのは、しょうゆラーメン。


ティースプーン1杯分の「ご飯にかけるギョーザ」をラーメンに入れて……


よくかき混ぜます。


しょうゆラーメンに入れると、スープの味にコクが出て、ニンニクの香りがアクセントになりました。ラーメン1人前にティースプーン1杯で十分ですが、濃い味付けが好きだという人はもう1杯入れても全く問題なしです。


「ご飯にかけるギョーザ」は他にもサラダや野菜炒めといった料理とも合うので、いろいろ試してみるとお気に入りの食べ方を見つけられそう。味もギョーザをかなり忠実に再現できており、ビールのおつまみとしても使えます。

なお、「ご飯にかけるギョーザ」は公式通販サイトで4個セット税込1814円で販売中です。

ご飯にかけるギョーザ 4個セット:銀座栃木屋 MARUNI|あるよ

・関連記事
ご飯の上にぶっかける大人のための焦がしバターしょうゆ・豚肉しょうが味噌・しらすしょうが・八種の野菜しょうゆ漬け - GIGAZINE

ご飯に氷水をかけて食べる夏にピッタリのぶっかけご飯「宮崎風冷や汁」を食べてみました - GIGAZINE

100円で温かいご飯・みそ汁・おかずが食べられる「100円朝定食」とは? - GIGAZINE

山奥にある卵かけ放題な「卵かけご飯専門店」で新鮮で甘みのある濃厚な卵を好きなだけ味わってきた - GIGAZINE

ご飯にかけて食べるスナック「ふりサク」は「やるじゃん、東ハト」と言わざるを得ない完成度だった試食レビュー - GIGAZINE

「ラーメン屋さんの炊き込みごはんとんこつしょうゆ味&濃厚みそ味」を作って食べてみました - GIGAZINE

温めてご飯にかけるだけで鍋の後の雑炊になる「旨だし かけご飯の素」 - GIGAZINE

朝の眠気を激辛の刺激で吹き飛ばすご飯の友「燃えめし」 - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log