試食

厳選素材を使い24時間熟成製法で完全受注生産・数量限定のセブン-イレブン「金の食パンSpecial」試食レビュー


ノーマルの商品と比べて価格帯が高くちょっとした贅沢を味わえるセブン-イレブンの「セブンゴールド」には、一般的な食パンよりももっちりとした弾力と甘みが特徴の「金の食パン」シリーズがあります。この金の食パンよりもさらに素材にこだわり、熟成ベーコンやゴーダチーズを加えたのが、完全受注生産・数量限定販売の「金の食パンSpecial」です。セブン-イレブンのネットサービス・オムニ7で注文していた品が届いたので、さっそく食べてみました。


金の食パンSpecialは、和紙製の白い化粧箱に入れられていて、見た目からして高級感が漂っています。


箱の裏面には原材料などが書かれています。カロリーは1斤あたり驚きの1419kcal。


箱を開封すると、金の食パンSpecialに使われているこだわり食材の「北海道産小麦粉 キタノカオリ」「北海道産バター」「北海道産生クリーム」「北海道産ゴーダチーズ」「熟成ベーコン」を解説した説明書が入っていました。


金の食パンSpecialは透明のビニール袋に包まれています。


袋から取り出すとこんな感じ。


サイズは一般的な食パンと比べると小さめで、iPhone 6s Plusの長辺よりもやや長いくらい。


高さはiPhoneの短辺とほぼ同じ。


1斤丸ごとなので、包丁で食べやすい大きさにカットしていきます。


断面はこんな感じ。北海道産小麦粉「キタノカオリ」を使っているため生地は少し黄色みがかっていて、ベーコンとチーズが渦巻き状に生地に混ぜ込まれています。


好きな分厚さにカットできるのは嬉しいポイント。


さっそく一口食べてみると、生地はしっとりもっちりとしていて、耳まで柔らかい食感が楽しめます。生地自体から優しい甘みが感じられるので、何もつけずに生地だけでどんどん食べられるほどですが、ベーコンとチーズがさらに味に変化を与えて、飽きることなく食べ続けられます。生地に練り込んであるベーコンは、生っぽい食感が残りつつも香ばしさが感じられ、パンの甘みに合わせてベーコンもあまり塩辛くなくマイルドな味わいでした。


端の方はベーコンが入っておらず、チーズのみのシンプルな味が楽しめます。


次はオーブントースターで軽く焼いてみます。


左が焼いていないもの、右がオーブントースターで2分間焼いたもの。右側のパンは全体に焦げ目がつき、ベーコンに熱が通って脂が染み出しています。


オーブンで焼く前は耳までもっちりとしていましたが、焼くことでサクサクとした軽い食感に変化。


また、パン全体が温まったことで、生地の甘みがより強く感じられました。ベーコンはカリッとした香ばしさと、脂が染み出してジューシーな味が楽しめます。


なお、金の食パンSpecialの価格は税込998円。記事作成時点では注文受付が終了しているため、購入するには次回の注文開始を待つ必要があります。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
月に1度だけ限定の超高級食パン、山崎パン「ゴールドソフト」を食べてみた - GIGAZINE

色も形もまさに「とびばこ」なかわいらしい食パン「とびばこパン」を食べてみました - GIGAZINE

ふっくら分厚いだし巻き卵をゴマバンズで挟んだ「だし巻きサンド」を阪急パンフェアで食べてきました - GIGAZINE

「パンに塗るプリン」として有名な青華堂「ミルキーゴールド」をいろんなパンに塗ってみた - GIGAZINE

カルピスをパンに塗って食べる「カルピスソフト」はどうすればおいしくなるのか、ハチミツやチーズ・あずきなどと一緒に食べてみました - GIGAZINE

パンに塗っても食べられるグリコの「ホイップアイス」を食べてみました - GIGAZINE

ガスコンロで使うポルトガルの伝統パン焼きトースター「ギマランイスイホーザ」でいろんなパンを焼いてみました - GIGAZINE

お米からパンができる「GOPAN」の新旧両バージョンを使ってパンを作ってみました - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.