試食

ドリンク代+500円でサンドイッチ山盛りのランチが食べられるコメダ珈琲店「昼コメプレート」試食レビュー


名古屋発祥の喫茶店「コメダ珈琲店」では、午前11時までにドリンクを注文するとトーストと付け合わせが無料でセットになる豪華な「選べるモーニングサービス」が実施されています。2016年5月24日(火)からはモーニングサービスに加えて、平日のお昼限定でドリンク代にプラス500円で山盛りのサンドイッチが食べられる「昼コメプレート」の提供が始まっているので、実際に食べに行ってみました。

「昼コメプレート」コメダ珈琲店からお昼の新提案! 新商品・キャンペーン | 珈琲所コメダ珈琲店
http://www.komeda.co.jp/info/campaign.php

コメダ珈琲店に到着。


店頭に昼コメプレートのポスターを発見。昼コメプレートは実施店舗が限られているので、公式サイトの(PDFファイル)実施店舗一覧で確認してからお店に行くのがベターです。


入店して席に着くと、昼コメプレートのメニュー表が用意されていました。昼コメプレートは、たまごサラダ・トマト・レタスを使った「たまとまレタスサンド」と、小倉あんとホイップクリームを挟んだ「小倉ホイップサンド」の2種類があり、価格はドリンク代+430円で、ミニサイズのチキンナゲット「コメチキ」付きならドリンク代+500円です。また、たまとまレタスサンドのトマトはハムに変更することも可能とのこと。


メニューの中から何でも好きなドリンクを選んで、昼コメプレートをセットにすることができます。


というわけで昼コメプレートを注文すると、まずはドリンクと豆菓子、そして昼コメプレート用のフォークが到着。


さらに待つこと5分ほどで昼コメプレートが届けられました。今回は、たまとまレタスサンドと小倉ホイップサンドを、それぞれコメチキ付きで注文。サンドイッチとコメチキに加えて、新鮮野菜のサラダがセットになっています。


まずは、たまとまレタスサンドから。サンドイッチは3切れ入っていて、お店で手作りしているというこだわりのたまごペーストと、角切りのトマトが、ふわふわの食パンにサンドされています。


手に持ってみるとずっしりと重みがあり、とにかく具材がたっぷり入っているのがわかります。トマトは非常に新鮮で、かむと果汁がじゅわっとあふれ出すほど。たまごサラダは白身が大きめにカットされているのでボリュームがあり、マスタードがぴりっと効いています。


サンドイッチに添えられているのがコメチキ。


揚げたてで衣はサクサクと歯ごたえ抜群。内側の肉はジューシーで、一口サイズながらも満足感は高めでした。


サンドイッチだけでなく、サラダも山盛りです。


ドレッシングは、オリジナルドレッシングとしょうゆドレッシングの2種類が用意されているので……


好みのドレッシングをかけて食べればOK。コメチキがやや塩辛いので、ドレッシングをかけなくても食べられそうでした。


続いては、名古屋名物の小倉あんとホイップクリームを食パンに挟んだ「小倉ホイップサンド」。たまとまレタスサンドと同じく、サンドイッチが3切れのっています。


小倉あんよりもホイップの方がやや多めにサンドされています。食べてみると、粒あんのやさしい甘みとホイップの濃厚な甘みが混ざり合い、ふかふかの食パンと相性抜群。


食パンのみみの部分は、香ばしく焼き上がっていて、サクサクの食感が楽しめます。


コメチキは、たまとまレタスサンドと同様に2個ついてきます。レモンが付属するので、1個ずつ味を変化させて食べることも可能です。


なお、昼コメプレートの提供時間は、平日の11時30分から14時まで限定となっています。

・関連記事
ドリンク代のみでモーニングの焼き立てトーストにあんこ・卵ペースト・ゆで卵の付け合わせを選べるコメダ珈琲店「選べるモーニングサービス」を食べてみた - GIGAZINE

たった235円でコーヒーにゆで卵&トースト付きな上、コーヒーおかわり自由とコスパ極限レベルのデニーズ新モーニングセット - GIGAZINE

朝からドカ盛りのモーニングが食べられる大阪の「喫茶Y」に行ってきた - GIGAZINE

複数のモーニングとコーヒーが楽しめ、本の貸し出しまで行っている喫茶店「友路有(トゥモロー)」に行ってきました - GIGAZINE

名古屋の喫茶店のモーニングサービスは本当に豪華だった - GIGAZINE

アゴが外れそうなサンドイッチで満腹になれる東銀座の喫茶店「アメリカン」 - GIGAZINE

創業83年のミシュラン認定店「天のや」で連日完売するだし巻き玉子のサンドイッチ「たまごサンド」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log