レビュー

サウンドへのこだわりや便利な機能を詰め込んだ「Sound Blaster Roar」フォトレビュー


手のひらサイズで音楽を楽しめるワイヤレススピーカー「Creative Woof」のようなポータブルスピーカーシステムなどを販売しているCreativeは、ブックレットサイズで5ドライバーを搭載した新コンセプトのポータブルBluetoothワイヤレススピーカー「Sound Blaster Roar」を2014年8月1日(金)からオンラインストア限定で販売開始します。発売前に本体を借りることができたので、いろいろと触ってみることにしました。

Sound Blaster Roar - Sound Blaster - Creative Technology (日本)
http://jp.creative.com/p/sound-blaster/sound-blaster-roar


Sound Blaster Roarの本体。およそ20.2×5.7×11.5cmの本体で、重量は約1.1kgとなっています。


「CREATIVE」のロゴがレイアウトされた面に、メインスピーカーが配置されています。


Sound Blaster Roarは前面には高音用ユニットを2基、上面に中低音用のユニットを1基、そして本体左右には低音増強用のパッシブウーファーを2基搭載する5ドライバー方式のスピーカーシステムとなっています。


スピーカーの配置された面はすべてメタル製のメッシュで覆われていました。


本体上面には、各種コントロールボタンが配置されています。この部分はシリコンでコーティングされ、滑らかな手触りになっていました。


Sound Blaster RoarはBluetooth接続に加えてNFCに対応しているので、対応している端末であればワンタッチで接続することが可能。その横にはバッテリー残量を表すインジケーターと、本体に搭載されたマイクや音声通話を録音できる「ボイス録音機能」のインジケーターが見えます。


Bluetoothマークと受話器のマークが書かれたボタンは「マルチファンクションボタン」と呼ばれ、端末とのペアリング時やスマートフォンにかかってきた電話を受けて通話する際に使います。Bluetooth接続が完了していると、写真のように白いLEDランプが点灯するようになっています。その右横の「+」と「-」は音量コントロール用のボタン。


「ROAR」と書かれたボタンと電源ボタン。ROARボタンは音楽の再生ボリュームを瞬時に大きくするためのもので、友人などが集まっているパーティなどで迫力のあるサウンドを楽しみたい時にポチッと押すとパワーアップされるようになっています。


本体背面にもさまざまなコントロール類や、入出力端子などがレイアウトされています。


向かって左側には、アダプターや外部音声入力用の端子、USB端子、microSDカードスロットなどが設けられています。


Sound Blaster RoarはmicroSDカードに保存されたWMA/MP3ファイルを再生するプレイヤーが内蔵されているので、スマートフォンなどの端末がなくても音楽を楽しむことが可能です。


赤い「ARM」スイッチは本体に内蔵されたアラーム音の動作を切り替えるためのスイッチ。「ARM」がONの状態でその下にある「ALARM」ボタンを長押しすると、大音量でサイレンの音が再生されます。「LS」と書かれたスイッチは、Bluetooth接続のセキュリティモードを切り替えるためのスイッチで、2台同時接続や、誰でもSound Blaster Roarに接続できる状態などの切り替えを行うことができます。さらにその下にはmicroSDカードの音楽を再生するためのボタンや、録音ボタンなどが配置されていました。


なお、2台同時接続されている場合でも、一度に再生できる機器はどちらか1台のみとなります。

Bluetoothでペアリングを行うためには、まず本体正面にあるマルチファンクションボタンを押し、白いLEDを点滅状態にします。この状態でスマートフォンなどの画面で「SB ROAR SR20A」と書かれたデバイスをタップするだけでペアリングが完了し、すぐに音楽を楽しむことができました。aptXやAACの高品質オーディオコーデックに対応しているのも、上級機ならではと言えそうです。


迫力のある音を楽しみたい時は、上面にある「ROAR」ボタンを押すか……


背面の「ALARM」ボタンを押せばOK。「ALARM」ボタンは低音域を補正する「TeraBassモード」の切り替えボタンを兼ねているので、ポチっと押すとドラムやベースの音がボリュームに応じて適正に補正されて迫力の増したサウンドを楽しめるようになります。


USBケーブルを使って、WindowsやMacのPCと接続して音楽を再生したり、詳細なサウンド設定を行うことも可能。


さらに、2台のSound Blaster Roarを専用のケーブルで接続すれば、ワイド感やパワー感が増したサウンドを楽しむことも可能となっています。


本体内には6000mAhのリチウムイオンバッテリーを内蔵し、最大で8時間の連続再生が可能なほか、外部機器の充電用USB出力端子も装備しており、対応するスマートフォンなどへの充電も可能となっています。


このように、サウンドのこだわり、ありとあらゆる便利な機能などが詰め込まれたSound Blaster Roarはクリエイティブメディア直販オンラインストアなどでの直販限定販売となっており、税抜き価格1万5800円で販売されています。

購入 Sound Blaster Roar - スピーカー - クリエイティブストア
http://jp.creative.com/p/speakers/sound-blaster-roar/buy


なお、期間限定で「満足できなければ全額返金」キャンペーンも実施されています。

Sound Blaster Roar 全額返金キャンペーン本登録お申し込み確認
http://jp.creative.com/Roar_Refund/

・関連記事
手のひらサイズで音楽を楽しめるワイヤレススピーカー「Creative Woof」 - GIGAZINE

BOSEのBluetooth対応小型スピーカー「SoundLink Mini Bluetooth speaker」を使ってみました - GIGAZINE

スマホとBluetoothやNFCで接続・単体で拡声器にもなるサウンドシステム「Sound BlasterAxx AXX200」実機レビュー - GIGAZINE

in レビュー,   ハードウェア, Posted by logx_tm