ハードウェア

お買い物情報などをスマホ経由で店内の客に送ってくれる次世代LED照明がスーパーマーケットなどで展開予定

by Kees Van Mansom

GE LightingがiBeacon搭載のLED照明システムを小売店で展開する予定であることを発表しました。従来のiBeaconはスタンドタイプが主流であったため設置場所に制約がありましたが、次世代LED照明システムを利用すれば、設置スペースを取らず、かつ簡単に設置できるようになります。

GE Lighting and ByteLight Enable Retailers to Engage In-Store
http://www.bytelight.com/press/110

GE's new lights can send deals to shoppers' smartphones | The Verge
http://www.theverge.com/2014/5/29/5760988/ge-connected-lighting-system-sends-deals-to-smartphones

GEが展開する予定のLED照明システムは買い物客の位置を検知し、店内を動きまわる買い物客の位置を随時更新していくことで目の前にある商品の情報をスマートフォン経由で来店客に教えるというもの。例えば、よく店舗を利用する顧客に対して以前の履歴からショッピングリストを作成し、その食材が置かれているエリアまでのルートを画面上に表示して案内。そして実際に食材が置かれた棚までやってきたら、その商品の半額クーポンをオファーするというセールス手法が可能になります。

GEはByteLightと提携することで独自のシステムを開発。フィリップスも可視光通信を利用したLED照明システムをテスト中で、両者はいずれも照明の発する電磁波を使ってデータ通信する仕組みですが、GEはそれに加えてBluetooth LEを利用するため、理論的にはより正確なデータ通信ができるようになるというわけです。


またフィリップスのシステムはデータ通信のために常にアプリを開いていないといけないのですが、GEの場合はアプリを起動していなくても可視光通信でメール情報を送ってくれることも可能なので、この点は便利と言えます。

実際にiBeaconを体験するとどんな感じなのか、ということは以下の記事を読むとよく分かります。

「iBeacon」をワイヤレスジャパン2014の会場で実際に体験してきました - GIGAZINE



なお、アメリカの大手スーパーマーケットチェーン・ウォルマートは今回GEがLED照明システムについてアナウンスする前、2014年4月にエネルギー効率のいいGEの新しいLED照明システムを全世界の店舗に導入することを発表していました。公式には発表されていませんが、ウォルマートにiBeacon搭載のLED照明システムが導入される可能性もあると考えられています。

Walmart Corporate - Walmart and GE Transforming Retail Lighting with Energy-Efficient LEDs Globally
http://news.walmart.com/news-archive/2014/04/09/walmart-and-ge-transforming-retail-lighting-with-energy-efficient-leds-globally


この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
お買い得情報や商品の位置をLEDによる可視光通信で通知するシステムをフィリップスが開発 - GIGAZINE

スマホでの遠隔操作・色変化が可能な電球「フィリップス hue」を使い倒してみた - GIGAZINE

スマホを照明にかざすだけでデータを受け取れる「可視光通信」を体験してみた - GIGAZINE

1600万色以上のカラーを表現できるLED電球「フィリップス hue」であらゆる色に変えまくってみました - GIGAZINE

電球内を液体シリコンで満たした冷却システム採用&光が290度まで広がるLED電球「SWITCH」を使ってみました - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア,   ハードウェア, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.