試食

インスタントとは思えないほどハイクオリティで上品な塩ラーメン「日清ラ王 塩」を食べてみました


「まるで、生めん。」のようなおいしさを追求した日清 ラ王の袋麺から8月5日(月)に新しく発売されるのが「日清ラ王 塩」。じっくり炊き出した鶏むね肉をベースに魚介や昆布・香味野菜などを加えた塩味の清湯系スープになっているとのことなので、どんなものなのか、実際に作って食べてみました。

"まるで、生めん。" の日清ラ王から、ついに「塩」が登場!!「日清ラ王 塩 5食パック」2013年8月5日(月)新発売
http://www.nissinfoods.co.jp/com/news/news_release.html?nid=3172

これがパッケージ。1袋5食入りです。


ラ王塩味は鶏のむね肉をベースに魚介・昆布・香味野菜などの旨みを加えているとのこと。


一食あたり320kcal。


原材料はこちら。


ということで、さっそく作っていきます。


袋の中には麺と液体スープのみが入っていました。


麺は3層太ストレート ノンフライ麺です。


作り方は一般のインスタントラーメンと一緒。500mlのお湯を沸騰させて……


麺を投入。


4分間ゆでます。


その間にあらかじめ器にスープを入れておきます。


ラ王 塩はコショウの風味が特徴ということなので、よく見るとスープの中にコショウっぽい物体が入っているのが分かります。


4分後、麺がほぐれたら鍋から器にお湯だけを先に入れ、スープをよくかき混ぜて溶かします


そして麺をお皿に移したら完成。この時点で鶏がらスープのいいにおいがふわっと広がり、ものすごく食欲がかきたてられます。


スープは澄んだ色。


まずは麺オンリーで一口。太麺のため、非常にモチモチとした食感が感じられ、コシもあり、フニャッとした通常のインスタント麺とは一線を画した仕上がりになっています。鶏ベースのスープもあっさりと上品ながら複雑な香りもあり、ラーメン屋さんのラーメンにはかなわないかもしれませんが、食堂などで提供されるラーメンよりは上。家庭で食べているとは思えないクオリティになっていました。


素ラーメンで食べても全く物足りなさを感じないのですが、より豪華にして食べたい!という時は卵やねぎ、チャーシューなどをのせてもOK。


スープがおいしいので煮たまごではなく、シンプルに普通のゆで卵で全く問題ありません。


発売は2013年8月5日。価格は1袋500円(税別)で、1袋5食入りなので1食100円なのですが、100円とは思えないクオリティで非常に上品な塩ラーメンが食べられるようになっていたので、単に「作るのが面倒……」という時だけでなく、おいしい塩ラーメンが安くたべたい、という時にもぴったりです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
麺を見て喰わざるは勇無きなり、「神戸ちぇりー亭」の男盛ラーメンを押忍!と平らげてきました - GIGAZINE

食べても食べても終わらない恐怖、あの「ラーメン二郎」を必死で攻略してきました - GIGAZINE

「食べログ」大阪府下トップのラーメン店、「金久右衛門」の醤油ラーメンを食べてみた - GIGAZINE

徳島ラーメンとは何か、5店舗を巡って「徳島ラーメン」の奥の深さを思い知った徳島のラーメン屋さん巡り - GIGAZINE

天下一品「総本店」に行って天下一品祭りの「ラーメン無料券」をゲットしてきました - GIGAZINE

年数日だけ不定期にオープンする幻のラーメン店「豚の骨」のとんこつラーメン試食レビュー - GIGAZINE

ブタの丸焼き番外編、残された豚の骨でトンコツスープを作ってみた - GIGAZINE

お酒を飲んだ後、シメに食べたくなるようなあっさり系「揚子江ラーメン 総本店」試食レポート - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.