試食

カルビーvsロイズ、チョコレートポテトチップス王座決定戦


去る10月29日に、カルビーの「スイートチョコレートポテトチップス」と「ホワイトチョコレートポテトチップス」を予約。早く届かないかと楽しみにしていたのですが、ようやく本日届きました。二種類あるので、単純にスイートとホワイトを食べ比べるだけでもよかったのですが、編集部員の一人が「以前ロイズのポテトチップチョコレートを食べたがとてもうまかった、カルビーのものと勝負させてみたい」と言ったのでロイズのものも購入、両者を戦わせてみることにしました。

天下のカルビーと北海道の雄・ロイズ、一体どちらのチョコレートポテトチップスがおいしいのでしょうか。

詳細は以下の通り。
ロイズのポテトチップチョコレートは10月29日に注文したところ、11月1日に届きました。


工場直送です


段ボールを開封


ロイズの巨大紙袋が入っていました


ロイズからのお知らせ


総合カタログなどいろいろ


本体は段ボールに比べるとかなり小さい


内容量は190g


箱を開けたところ


一袋にすべて入っている


カルビーからは「順次発送中です」とのメールがあり、11月7日に届きました。


二段重ね


納品書など


箱の上側に製造日と賞味期限


裏側


裏側その2


スイートチョコとホワイトチョコ


スイートチョコレートの箱をあけたところ


こちらはホワイトチョコレート


冷蔵庫で冷やしておき、食べる前には常温に戻すのがいいらしい


スイートチョコレート


内容量は38gと書いてありましたが、計ってみると50g近くありました


ホワイトチョコレート


同じく38g、こちらは計ると35gぐらいでした


袋に入っている


ロイズのポテトチップチョコレート


片面にチョコレートがついていて、裏側はポテトチップそのまま


カルビーのスイートチョコレートポテトチップス


カルビー、ホワイトチョコレートポテトチップス


重量を同じにしたところ


ロイズのポテトチップチョコレートは、チップスの塩味とチョコレートの甘さが混じり合い、絶妙のハーモニーを醸し出しています。スイカに塩をかけて食べるようなものなのか、チョコレートはそれほど甘みが強いものではないのに、甘さが引き立てられています。

対して、カルビーのスイートチョコレートポテトチップスは全体的に甘く、甘み自体もロイズのものよりもかなり強い。砂糖の甘みみたいな感じ。ホワイトチョコレートポテトチップスはスイートチョコレートポテトチップスよりもさらに甘く、なんだかべったりとした甘さ。

編集部ではロイズのものが人気でした。せっかくポテトチップスとチョコレートを組み合わせているのだから、塩味をいかしたものの方がいいということのようです。値段はロイズのポテトチップチョコレートが1箱630円+送料1100円で、カルビーのスイートチョコレートポテトチップスは一箱2000円+送料500円。カルビーのものは小分けすれば1つ約333円になるので、値段相応の味の差といったところでしょうか。

Calbee eショップ チョコレートポテトチップス

ポテトチップチョコレート | ROYCE' ONLINE SHOP

・関連記事
チョコレートをもっと食べるべき10の理由 - GIGAZINE

世界最大級のチョコレート噴水 - GIGAZINE

仕事中に食べてはいけないロッテの酒入りチョコレート3種類 - GIGAZINE

バンホーテン チョコレート ディアカカオはココア好きなら食べるべき - GIGAZINE

明治製菓の「56種類のチョコレート」を命がけで全部食べてみた~前編~ - GIGAZINE

「クランキー 塩キャラメル」はほんのりとした塩味がチョコレートとあう - GIGAZINE

カルビー「ポテトチップス 塩バター味」はそのままじゃがバターっぽい - GIGAZINE

in 試食, Posted by logc_nt