試食

厚切りポテトチップスにチョコレートソースをかけたロイズ監修のローソン限定「デザート ポテトチップス」を食べてみた


ローソンは2014年の10月頃から「ロッテ ガーナポップコーン」などの大人向けのプレミアム菓子の販売を行っていますが、2月14日(土)からはROYCEが監修したデザートポテトチップスを発売しています。厚切りのポテトチップスにチョコレートソースをかけ、甘じょっぱいポテトチップスに仕上がっているとのことで、さっそく食べてみました。

マチの健康ステーション LAWSON|ローソン
http://www.lawson.co.jp/index.html

デザート ポテトチップスは、濃い茶色を基調としたシックな色のパッケージ。


端の方にロイズのマークが入っています。


白と黒の2色のチョコを使い、クラッシュアーモンドをまぶし、甘さ・塩味・ナッツの香ばしさなどが味わえるポテトチップスに仕上がっているとのこと。


箱の中にはポテトチップスが入った袋が3つ入っています。


原材料はじゃがいも・植物油・砂糖・アーモンド・全粉乳・カカオマス・ココアパウダー・粉末油脂・食塩・練乳パウダー・ショートニング・濃縮ホエイパウダー・乳化剤・香料・甘味料で1袋26グラム。製造はカルビーがおこなっています。


ポテトチップスは小さなものが約7枚ほど入っていましたが、一部は欠けてしまっていました。


真横から見ると、ポテトチップスがギザギザになっているのがよくわかります。


ポテトチップスは直径がやや小さく、大きさはGRAND Calbeeで売っているポテトクリスプと同じくらい。


チョコソース・クラッシュアーモンド・ホワイトチョコフレークがたっぷりかかっており、見た目もいい感じ。


かじってみると、チョコとポテトの組み合わせに違和感はほとんどなく、塩気がほんのり効いておりチョコの味を良く引き立てています。味だけでなくサクサクとしたポテトの食感、カリカリとして香ばしいアーモンドの風味もいい感じ。コーヒーや紅茶と一緒に食べるだけでなく、ウイスキーやバーボンなどのお酒と一緒に食べても相性が良さそうです。


なお、ロイズ監修 デザート ポテトチップスはローソンで期間限定販売。価格は税込648円と決して安くはないものの、チョコレート好きな人は贈り物用に買ってもいいかもしれません。

・関連記事
意識のパフォーマンスを向上させる「脳とスイーツ」の甘い関係 - GIGAZINE

疲れている時に甘い物が食べたくなるのは腸にある「第2の脳」の影響 - GIGAZINE

ついつい甘い物を食べてしまう「砂糖中毒」を治す10の方法 - GIGAZINE

行列+整理券を乗り越えてGRAND Calbee限定「ポテトクリスプ」新作を買ってきました - GIGAZINE

ローソン限定「ロッテ ガーナポップコーン」はキャラメルが入った大人の味 - GIGAZINE

本当にみかん味で戸惑うコイケヤの「ポテトチップス みかん味」を食べてみました - GIGAZINE

ポテトチップスを肉の代わりに挟んでしまったバーガー「ポテトチップスサンド」をカルビーキッチンへ食べに行ってきました - GIGAZINE

カルビーvsロイズ、チョコレートポテトチップス王座決定戦 - GIGAZINE

チョコレートをもっと食べるべき10の理由 - GIGAZINE

明治製菓の「56種類のチョコレート」を命がけで全部食べてみた~前編~ - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log