生き物

大きすぎてDNA鑑定が要求された世界最大のジャガイモが「ジャガイモではない」と判明


あまりの巨大さからギネス記録申請時にDNA鑑定が要求された世界最大のジャガイモが「ジャガイモではない」と判明しました。

Oh gourd, monster 'potato' not actually a spud | Stuff.co.nz
https://www.stuff.co.nz/life-style/homed/garden/300540474/oh-gourd-monster-potato-not-actually-a-spud

Giant New Zealand potato is not in fact a potato, Guinness World Records rules | New Zealand | The Guardian
https://www.theguardian.com/world/2022/mar/16/giant-new-zealand-potato-is-not-in-fact-a-potato-guinness-world-records-rules

'World's heaviest potato' turns out not to be a potato at all - UPI.com
https://www.upi.com/Odd_News/2022/03/15/nz-Guinness-World-Records-Dug-the-Spud-not-a-potato/4571647364617/

世界記録を大きく塗り替えると騒がれていたジャガイモは、2021年8月にニュージーランドのコリン・クレイグ=ブラウンさんとドナ・ブラウンさんが収穫したもの。これまでのジャガイモの世界最大記録はイギリス・ノッティンガムシャーで収穫された4.99kgの個体でしたが、ブラウン夫妻が収穫したのは約1.6倍となる「7.9kg」という個体。大きさだけでなくその形状もデコボコと特徴的で、ブラウン夫妻は「ダグ」という名前を付けてかわいがっていました。

New Zealand couple dig up 'Doug', potentially the world's heaviest potato - YouTube


しかしブラウン夫妻がダグのギネス記録を申請しようとしたところ、その見た目や大きさからギネス認定委員会側が「DNA鑑定」を要求するという事件が発生。ダグのDNAを抽出して、ジャガイモのDNAデータを2000種類以上も保管しているというスコットランド政府農業農村経済局傘下の科学調査機関・Science & Advice for Scottish Agriculture(SASA)で鑑定を行うという流れになりました。

ダグのエピソードについては、以下の記事で詳しく報じています。

重さ7.9kgという世界最大のジャガイモが誕生、大きすぎてDNA鑑定される予定 - GIGAZINE


こうして行われた検査の結果、ダグは「ウリ科植物の塊茎」だと判明。ナス科に属するジャガイモとは分類が異なることが明らかになりました。

この結果を受け、コリンさんはダグがジャガイモの味がした理由について、「ダグが生えてきた苗がナス科植物とキュウリの交配種かもしれない」と推測しているとのこと。コリンさんはインタビューに対して気落ちしたと答えていますが、「本気でジャガイモ栽培に取り組もうという気になりました。専門家の皆さんと一緒に、これまで蓄積していた知識や科学的ノウハウをいかしてね。世界最大のジャガイモを作るために、全力を尽くしたいと思っています」と前向きな姿勢も見せています。

なお、ダグはまだ冷蔵庫に置かれているそうですが、コリンさんいわく「ウォッカ作りの材料にしてみる」そうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
世界最大の光る脊椎動物は「発光する深海サメ」だと判明、巨大なサメがわざわざ光る理由とは? - GIGAZINE

30年以上目撃されていなかった世界最大のハチが探検隊によって再発見される - GIGAZINE

ギネス記録更新、世界最大の犬アメリカに現る - GIGAZINE

ジャガイモが体によい6つの理由とは? - GIGAZINE

火星でジャガイモを育てて火星移住時の食糧問題を解決する方法をNASAが計画中 - GIGAZINE

in 生き物,   動画, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.