サイエンス

25億年前のルビーから生命の痕跡が発見される


真核生物が誕生していなかった25億年前というはるか昔に形成された鉱物から、生命の痕跡が発見されました。ルビーから生命の痕跡が発見されたのは初めてのことであり、調査により、発見された痕跡は藍藻(シアノバクテリア)のものであったことが分かっています。

The corundum conundrum: Constraining the compositions of fluids involved in ruby formation in metamorphic melanges of ultramafic and aluminous rocks - ScienceDirect
https://doi.org/10.1016/j.chemgeo.2021.120180


For The First Time Ever, Evidence of Ancient Life Was Discovered Inside a Ruby
https://www.sciencealert.com/evidence-of-ancient-life-has-been-found-trapped-inside-a-ruby

Some of the world’s oldest rubies linked to early life | Waterloo News | University of Waterloo
https://uwaterloo.ca/news/media/some-worlds-oldest-rubies-linked-early-life

カナダ・マギル大学の地質学者であるヴィンセント・ヒンスベルク氏らの研究チームは、もともと世界で最も古い鉱物の形成プロセスについて研究を行っていました。その際、25億年前に形成されたルビーから、炭素から成る鉱物であるグラファイトの残留物を発見しました。


ルビーは形成の過程で不純物を取り込むことがあるため、ルビーから見つかったグラファイトは古代から保存され続けた何らかの生命の痕跡であることが期待されました。しかし、グラファイトは有機物が変化して生まれる可能性がある一方、鉱物などの無機物から生まれる可能性もあったため、研究チームは炭素同位対比を決定することでその起源の特定を試みました。

その結果、ルビーから見つかったグラファイトは有機物由来であることが研究チームにより確認され、鉱物の年代からその有機物がシアノバクテリアであると結論付けられました。また、グラファイトが存在するという事実は、鉱石の形成を阻害する二酸化ケイ素を取り除く流体が存在した可能性を示唆しており、グラファイトの発見は鉱物の形成プロセスについて特定する手がかりにもつながったとのこと。

by Dave Thomas

研究に参加したクリス・ヤキムチュク氏は「ルビーを含む鉱物で生命の痕跡を発見したのはこれが初めてです。グラファイトはルビーと生命を結び付けただけでなく、ルビーの形成についてのヒントも与えてくれました」と述べました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
永久凍土から回収した微生物が2万4000年の時を経て復活 - GIGAZINE

南極の厚さ900mの氷の下で未知の生物が発見される - GIGAZINE

ダイヤモンドの中から「新種の鉱物」が発見される - GIGAZINE

火星から消えた大量の水は鉱物の中に閉じ込められているかもしれない - GIGAZINE

「生体鉱物アーマー」を持つ昆虫が発見される - GIGAZINE

Minecraftに登場する鉄・ダイヤモンド・レッドストーンなどの鉱物は現実世界ではどんな姿をしているのか? - GIGAZINE

in サイエンス,   生き物, Posted by log1p_kr

You can read the machine translated English article here.