メモ

Slackの買収をSalesforceがまもなく発表か

by nathanmac87

顧客データ管理サービスを提供するSalesforceがまもなくビジネスチャットツール・Slackの買収を発表すると報じられました。

Salesforce deal to buy Slack expected to be announced tomorrow
https://www.cnbc.com/2020/11/30/salesforce-deal-to-buy-slack-expected-to-be-announced-tomorrow.html

Slack deal would pit Salesforce against Microsoft, with Tableau acquisition as a potential blueprint - GeekWire
https://www.geekwire.com/2020/slack-deal-pit-salesforce-microsoft-tableau-acquisition-potential-blueprint/

Slack takeover could be confirmed tomorrow | TechRadar
https://www.techradar.com/news/slack-takeover-could-be-confirmed-tomorrow

2020年11月25日、アメリカの報道各社が「SalesforceがSlackの買収を検討している」と報じました。この買収は、新型コロナウイルスのパンデミックによるリモートワーク需要の増加によりSlackの利用者数・利用時間が爆発的に増加したことが、Salesforceの目に留まったものだとみられており、正式な発表は、2020年12月1日のSalesforceの第3四半期決算報告で行われると予想されています。

Slackの買収をSalesforceが検討中 - GIGAZINE


SlackとSalesforceはともにMicrosoftと対立している企業であることが買収の一因ともささやかれています。Slackはリモートワーク向けツール「Microsoft Teams」と直接的に競合しており、2020年5月にはSlackのスチュワート・バターフィールドCEOが「Microsoftは我々を殺すことに不健康なほど夢中になっています」と公言したほどMicrosoftへの根深い対抗意識を有しています。

SalesforceはMicrosoftと戦略的パートナーシップを結ぶ傍らで、ビジネスツール市場では激しい競争を繰り広げており、2016年にMicrosoftがLinkedInを買収した際には、Salesforceのマーク・ベニオフCEOは規制当局に独占禁止法違反の捜査を依頼しています。

パンデミックによってビデオチャットツールの需要が拡大し続けていますが、Slackはオンライン会議を主要機能としていないことから、Microsoft Teams、Zoomほど利用者数が増加していません。SalesforceがSlackを買収すれば、Salesforceの他の製品にユーザーを誘導する用途に使用するなどして、Microsoft Teamsと競争する上での優位性を獲得できるとされています。

一連の買収検討報道によってSlackの株価は38%上昇。報道直後の時価総額は170億ドル(約1兆7700億円)でしたが、5日後の2020年11月30日の時点では240億ドル(約2兆5000億円)を突破したため、売却成立時のSlackの価格は「割高」になると報じられています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Slackの買収をSalesforceが検討中 - GIGAZINE

世界を席巻するCRMアプリ「Salesforce」はなぜここまで成功できたのか? - GIGAZINE

チャットサービスのSlackがAtlassianの競合サービスを買収、Microsoftに対抗するための布石か - GIGAZINE

新型コロナウイルスで利用者爆増のチャットアプリ「Slack」のCEOが見たパンデミックとは? - GIGAZINE

Slackはスピードと信頼性を両立したソフトウェア開発をどのように実現しているのか? - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.