レビュー

小さくてパワフルなiPhoneを実現した「iPhone 12 mini」開封&フォトレビュー


第2世代iPhone SEより小さいサイズながら、iPhone 12 Proと同じA14 Bionicチップを搭載する「iPhone 12 mini」が2020年11月13日より登場しています。第2世代iPhone SEは第1世代iPhone SEよりもかなり大きくなってしまったため、「小型のiPhoneが欲しいのに選択肢がない……」と絶望していたユーザーにはピッタリな、小型で高性能でディスプレイサイズも巨大なiPhone 12 miniを入手したので、色んな角度から撮りまくってみました。

iPhone 12とiPhone 12 mini - Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/iphone-12/

iPhone 12 miniの外箱はこんな感じ。他のiPhone 12シリーズと同様に、充電アダプタやイヤホンが付属していないためコンパクト。


フタを外すと、iPhone 12 miniが現れます。今回購入したカラーはブルーです。


画面側に貼られたシールの出っ張りをつまむことで、簡単に箱から取り出すことが可能。


画面に貼られたシールには各ボタンの用途や、充電コネクタの位置がシンプルなアイコンで示されています。


シールをペラリ。


これがiPhone 12 miniの本体。サイズは、高さ131.5mm×幅64.2mm×薄さ7.4mmで、重さは133gです。


背面はカメラとAppleロゴマークだけのシンプルなデザイン。


iPhone 12 miniにはiPhone 12と同じく、12メガピクセルのデュアルカメラが搭載されています。


天面はこんな感じ。他のiPhone 12シリーズと同様に直線的なデザインです。


底部にはマイクとステレオスピーカーが内蔵され、中央にはLightningコネクタがあります。


左側面はこんな感じ。左から順にSIMカードスロット、音量調整ボタン、サウンドオン・オフボタンが配置されています。


右側面にあるボタンはサイドボタンのみ。


iPhone 12 mini本体の他にはLightningケーブル、SIMカードスロットを開くためのピン、使用上の注意、Appleのロゴステッカーが付属していました。なお、Lightningケーブルは逆側がUSB Type-Cとなっています。


iPhone 12 miniは5.4インチのOLEDディスプレイを搭載しており、解像度は2340 x 1080ピクセルで、画素密度は476ppiです。


ベゼルはこんな感じ。画面一杯までディスプレイが広がっています。


iPhone 12 miniは幅が64.2mmとスリムなので、片手で操作してもキーボードの端まで無理なく指が届きます。


MagSafe対応iPhoneレザーウォレットを取り付けるとこんな感じ。左右に隙間なくピッタリと取り付けられます。


ビデオ再生可能時間がiPhone 12の最大17時間に対し、iPhone 12 miniは最大15時間と短くなっており、実際に積んでいるバッテリーの容量もiPhone 12/12 Proが10.78Whであるのに対して、iPhone 12 miniは8.57Whです。また、iPhone 12 miniのみMagSafe充電器での出力が12Wに制限されることも明らかになっているので注意。


なお、iPhone 12 miniは64GBモデルが税別7万4800円、128GBモデルが税別7万9800円、256GBモデルが税別9万800円です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「iPhone 12」速攻フォトレビュー、スタイリッシュに進化した新デザインはこんな感じ - GIGAZINE

iPhone 12とiPhone 12 Proはどちらが買いなのか?各モデルと比べてみた - GIGAZINE

iPhone史上最大のディスプレイを備えた「iPhone 12 Pro Max」開封&フォトレビュー - GIGAZINE

「iPhone 12」で新登場したMagSafe対応アクセサリでワイヤレス充電してみた - GIGAZINE

iPhoneにピッタリくっつくカードケース「MagSafe対応iPhoneレザーウォレット」を使ってみた - GIGAZINE

in レビュー,   モバイル,   ハードウェア, Posted by log1o_hf

You can read the machine translated English article here.