ウェブアプリ

「G Suite」が「Google Workspace」に改称、ツール間の連携などが強化


現地時間2020年10月6日、Googleが法人向けソフトウェアスイート「G Suite」の名称を「Google Workspace」に変更したと発表しました。そのほかにも、UIの刷新やツール間の連携が強化されています。

Google Workspace のご紹介 | Google Cloud Blog
https://cloud.google.com/blog/ja/products/workspace/introducing-google-workspace

Announcing Google Workspace, everything you need to get it done, in one location | Google Cloud Blog
https://cloud.google.com/blog/products/workspace/introducing-google-workspace

Behold the new icons for Gmail, Drive, Calendar, and Meet | Ars Technica
https://arstechnica.com/gadgets/2020/10/google-rebrands-g-suite-as-google-workplace-ships-new-multi-colored-icons/

Google Workspaceがどのようなものなのかは、以下のムービーを見ると雰囲気がわかります。

Google Workspace をご紹介します - YouTube


Google Workspaceは、Gmail、Googleカレンダー、Googleドキュメント、Googleスプレッドシート、Googleスライド、Google Meetなど、Google製アプリケーションをひとまとめにした法人向けソフトウェアスイート。これまでに提供されてきた法人向けソフトウェアスイート「G Suite」に置き換わる存在です。

Google Workspaceへの改称に伴い、新たにUIなどが強化されています。GoogleはGmailにビデオ会議やチャットなどを組み合わせるという改良に取り組んでおり、Google Workspaceでは2020年10月中にチャットルームでドキュメントを動的に作成してゲストと共同編集できる機能が追加される予定。Googleは、こうした新機能によって、コンテンツの共有や組織外のユーザーとの直接連携が容易になると記しています。


さらに、Google Cloudに新しいタブを開かずにリンクされたファイルのプレビューを見る機能や、Googleドキュメントにおいて名前リンク付きでコメントした際にスマートチップに連絡先の詳細が表示される機能も新たに実装されました。


加えて、Google Meetのピクチャーインピクチャー機能がGoogleドキュメント、Googleスプレッドシート、Google スライドにも実装される予定。相手の顔をピクト イン ピクチャー機能で見ながら、ドキュメントやスプレッドシートを編集できるようになる見込みです。


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行によって、自宅作業の需要が高まる中、Googleは自宅勤務のデジタルな改善に取り組んでおり、今回のGoogle Workspaceへの改称に伴って、アプリケーション同士のより優れた連携や利便性、柔軟性を備えたエクスペリエンスが提供される点を強調しています。

Google Workspaceの料金プランは、ユーザー数300人以下の小企業向けとして「Business Starter」(1ユーザーあたり680円)、「Buisness Standard」(1ユーザーあたり1360円)、「Business Plus」(1ユーザーあたり2040円)があり、ユーザー数300人以上の大企業の場合は価格は要問い合わせとなっています。それぞれのプランでは、1ユーザーあたりのクラウドストレージの容量や、Google Meetの同時参加者数、セキュリティ機能などが異なります。


また、改称に伴ってGmailやGoogleカレンダーなどのアイコンも刷新されると明かされています。それぞれのアイコンの変更後(画像上段)と変更前(画像下段)が以下。


Googleは定期的にソフトウェアスイートを改称してきたという経緯があり、Google製ソフトウェアスイートは、2006年のリリース時には「GoogleApps for Your Domain」という名称でしたが、2014年に「Google Apps for Work」、2016年に「G Suite」へと改称を経ており、今回で3度目の改称です。

Googleが「Google Apps for Work」を「G Suite」に一新、新機能登場 - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
無料の「Google Meet」が2021年3月31日まで使い放題に - GIGAZINE

ビデオ会議ツール「Google Meet」が無料化へ - GIGAZINE

ビデオ会議ツール「Google Meet」にAIを使ったノイズキャンセル機能が実装される、その仕組みとは? - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ウェブアプリ,   動画, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.