ハードウェア

セキュリティカメラなのに家の中をドローンとして飛び回る「Ring Always Home Cam」がAmazon傘下のRingから登場


家のセキュリティを高めるためには複数箇所にセキュリティカメラを置く必要がありますが、新たにAmazon傘下のRingが、1つのカメラ搭載ドローンを飛ばして家中を監視できる「Always Home Cam」を2020年9月25日に発表しました。Always Home Camは自立型ドローンで、遠隔からでもスマートフォン経由で操作可能となっています。

Introducing Ring Always Home Cam: An Innovative New Approach to Always Being Home | The Ring Blog
https://blog.ring.com/2020/09/24/introducing-ring-always-home-cam-an-innovative-new-approach-to-always-being-home/

New Amazon hardware: Ring drones, Echo Dot 4th Gen, Wi-Fi 6 Eero and more | Ars Technica
https://arstechnica.com/gadgets/2020/09/new-amazon-hardware-ring-drones-echo-dot-4th-gen-wi-fi-6-eero-and-more/

Ring’s latest security camera is a drone that flies around inside your house - The Verge
https://www.theverge.com/2020/9/24/21453709/ring-always-home-cam-indoor-drone-security-camera-price-specs-features-amazon

Always Home Camがどんなカメラなのかは以下のムービーから確認できます。

Next-Level Compact, Lightweight, Autonomously Flying Indoor Security Camera | Ring Always Home Cam - YouTube


住人が留守の家へ侵入を試みる男。


しかし、扉が開いた瞬間にRingのアラームが鳴り響き……


ホームベースが反応。中央のライトが赤く点灯します。


すると部屋に置かれていたボックス型の充電ドッグから……


ドローンが飛び立ちます。


外にいる住人のスマートフォンにも通知が届きます。


ドローンに搭載されたカメラの映像をスマートフォンから確認できます。


ドローンは自律飛行しますが、ユーザーはあらかじめ家の間取りを登録する形なので、スマートフォンからカメラを向かわせたい場所を指定することも可能です。


侵入者を発見。


突如登場したドローンに男はひるみ……


何もせず外に逃げていきました。


Always Home Camは飛行時にのみカメラが動作し、充電ドッグに戻るとカメラが物理的に遮られます。また飛行中のドローンは稼働音があるので、セキュリティカメラを利用して知らない間に盗撮される危険性もないとのこと。外出時には侵入者を撃退するためだけでなく、「窓を閉めたっけ……?」と不安になった時などの確認にも使えて便利です。


正面から見るとこんな感じ。左が充電中、右が稼働中。障害物回避技術を搭載しており、進路にある障害物を避けることが可能です。またプロペラがむき出しでないデザインなので、万が一、物や人、ペットなどと衝突しても傷つけないようになっています。


Always Home Camは2021年に登場する予定で、価格は249.99ドル(約2万6000円)となる見込みとのこと。

またAmazonは同日にWi-Fiルーターの「Eero 6」「Eero 6 Extender」「Eero 6 Pro」も発表しました。


Eero 6とEero 6 Extenderはデュアルバンドデバイスですが、Eero 6 Proはトライバンドデバイスで、2.4GHz無線が1つと5GHz無線2つ、計3種の電波を持ちます。いずれもアメリカでの発売は2020年11月2日の予定で、Eero 6が129ドル(約1万3600円)から、Eero 6 Extenderが229ドル(約2万4000円)から、Eero 6 Proが279ドル(約2万9400円)からで購入可能です。

Eero 6 mesh Wifi router
https://www.amazon.com/dp/B085VM9ZDD

Amazon.com: Introducing Amazon eero 6 dual-band mesh Wi-Fi 6 system with built-in Zigbee smart home hub (1 eero 6 router + 2 eero 6 extenders): Amazon Devices
https://www.amazon.com/dp/B085WSCTS4/

Eero Pro 6 mesh Wifi router
https://www.amazon.com/dp/B085VNCZHL

また、平たいデザインが特徴だったEchoの最新モデルは、より球体に近い形で登場しました。


2020年10月22日から発売予定の第4世代Echoはサイズ13.2cm×14.4cmで、99.99ドル(約1万500円)となっています。

Amazon.com: All-new Echo (4th Gen) | With premium sound, smart home hub, and Alexa | Glacier White: Amazon Devices
https://www.amazon.com/dp/B07XKF75B8

第4世代Echo Dotもより球体に近く、サイズは8.9cm×9.9cm。子ども向けの動物デザインもあります。


価格は49.99ドル(約5300円)からとなっています。

Amazon.com: All-new Echo Dot (4th Gen) | Smart speaker with Alexa | Charcoal: Amazon Devices
https://www.amazon.com/dp/B07XJ8C8F5

また2020年9月30日からは新しくなったFire TV Stickも登場。


アプリを操作するFire TV Stick Liteは29.99ドル(約3200円)で、テレビリモコンを兼ねたFire TV Stickは39.99ドル(約4200円)です。

Eero 6 mesh Wifi router
https://www.amazon.com/dp/B085VM9ZDD/

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
人・動物・車を識別してスマホに異常を知らせるスマートLEDライト搭載の防犯カメラ「Netatmo Presence」レビュー - GIGAZINE

超鮮明な映像&連携機能でおうちをモニタリングして警報で不審者撃退まで可能なフルワイヤレスの防犯カメラ「Arlo Pro2」レビュー - GIGAZINE

Amazonの監視カメラ付きドアベル「Ring」はどのようにして普及していったのか? - GIGAZINE

スマホで遠隔操作でき、動きや音に反応して自動で静止画&ムービー撮影が可能なネットワークカメラ「iCamPRO」を使ってみました - GIGAZINE

誰がいて誰がいないのかを自動顔認識でアプリから確認・通知・記録できるネットワークカメラ「Netatmo Welcome」レビュー - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.