試食

ラム肉から脂のうま味がじゅわ~っと染み出す強烈な中毒性の「ラムときのこのきこり風」などサイゼリヤ秋の新メニューを食べてきた


イタリアンレストランのサイゼリヤが2020年9月9日よりグランドメニューを更新して、秋の期間限定メニューを提供開始しました。今回のグランドメニュー更新では新たに、やわらかラム肉とキノコの旨味を堪能できる「ラムときのこのきこり風」や練って食べると滑らかな舌触りを堪能できる「イタリアンジェラート」などが登場したので、実際に食べてみました。

9月9日(水) 2020年秋のグランドメニューが登場いろいろ食べよう味わう秋
(PDFファイル)https://www.saizeriya.co.jp/PDF/irpdf000836.pdf

というわけで、サイゼリヤにやってきました。


グランドメニューの1ページ目は、「いろいろ食べよう 味わう秋」というキャッチフレーズとともに、秋の改定で登場したメニューがズラッと並んでいます。


サイゼリヤでは、新型コロナウイルス感染拡大対策としてテーブル間についたてが用意されているほか、注文は用紙に番号を記入する方式に変更されていました。


呼び鈴を押して店員さんに注文用紙を渡した後は、新しくなった間違い探しを眺めつつ待ちます。


注文から10分強で目当ての「きのことパンチェッタのボスカイオーラ」「ラムときのこのきこり風」が到着。


まずは「ラムときのこのきこり風」(税込700円)から食べます。


一面に敷き詰められたダイスポテトの上には、ラム肉とキノコ、カットトマトがゴロゴロのっています。そしてその上には、刻みニンニクと玉ねぎなど野菜をあえたガルムソースがトッピングされていました。


ラム肉は噛みしめるごとに脂のうま味がじゅわ~っと染み出してラム肉の味わいを堪能できますが、ラム肉特有の臭みはほとんどありません。かなりコッテリしていますが、脂のうま味が強烈すぎてかなり中毒性のある味わい。


ラム肉だけではなく、トマトやキノコもメインといえるレベルの存在感です。特にキノコは噛むと中から汁から吹き出してきて、肉とは別種の旨味をこれでもかというほど味わえます。みずみずしいトマトはさっぱりした味わいで、ラム肉によってコッテリしてきた口の中をサッパリとさせてくれます。敷き詰められたダイスポテトには、ラム肉の濃厚な旨味が染みこんでいました。


続いて「きのことパンチェッタのボスカイオーラ」(税込500円)。2019年秋からの再登場となるメニューです。


マッシュルーム・ヌメリイグチ・ポルチーニという3種のキノコにくわえて、豚バラ肉の塩漬けであるパンチェッタが入っています。


さらにその上には、削ったペコリーノ・ロマーノがトッピングされています。


きのことパンチェッタのボスカイオーラは、とにかくキノコの「旨み」が圧倒的。異なる食感のキノコを噛みしめた時だけでなく、醤油ベースのソースからも、キノコのあふれんばかりの風味を感じます。そこに、パンチェッタの旨味と塩気、ペコリーノ・ロマーノの濃厚なチーズの風味がアクセントとして加わっていました。


また、野菜をたっぷり使用したドレッシング「ベジドレッシング」(無料)が新登場していたので、サラダと一緒に注文してみました。


ベジドレッシングはサラダにたっぷりかけられて提供されます。なお、今回は「彩りイタリアンサラダ」(税込350円)を注文しています。


ベジドレッシングがたっぷりかかった部分を食べてみると、ほのかに酸味と塩気、そして野菜の旨味が感じられます。ベジドレッシングにはオリーブオイルに加えて、たまねぎやにんじん、季節の野菜が使われているとのことですが、野菜の味わいは一体化しており、特定の野菜が特に目立っているということはなく、オリーブオイルのオイリーさや風味もほとんどありません。全体的にやさしい味わいで、ベジドレッシング自体が味わいを主張するわけではなく、野菜の青臭さをなくして食べやすくしてくれる印象でした。


最後はデザートの「イタリアンジェラート」(税込250円)。イタリアンジェラート自体は定番メニューなのですが、「フルーツソース(カシス&ブルーベリー)」(税込100円)と混ぜると「新しい味」になるとのことなので、やってみました。


イタリアンジェラートは、練って食べるとまろやかな舌触りが味わえるとのことなので、スプーンを差し込んで練ります。見た目は柔らかそうですが、ソフトクリームよりもはるかにズッシリとしており、力を込めて練る必要があります。


よく混ぜてから食べてみると、ミルクの味が超濃厚。舌触りは絹のように滑らかで、舌の上でとろけるようです。


フルーツソース(カシス&ブルーベリー)も注文。


イタリアンジェラートにドロッとしたフルーツソースをかけて……


まぜまぜ。


食べてみると、ベリーソースのフルーティーな甘酸っぱさはミルクの味わいと相性抜群。どこまでもミルキーだったイタリアンジェラートが爽やかでサッパリした飽きが来ない味わいに変化していました。


サイゼリヤ秋のグランドメニューは、2020年9月9日(水)から全国のサイゼリヤで提供されます。なお、一部店舗ではメニューを変更しているとのことなので、注意してください。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
羊肉のうまみを最大限に引き出す究極の羊肉専用スパイス「羊名人」レビュー - GIGAZINE

から揚げをラム肉で作った「ラム唐」に「ラムバーグ」など羊づくしのレストランバー「羊肉酒場0,19」に行ってきました - GIGAZINE

未年にちなんで「羊の脳みそカレー」を食べてきた - GIGAZINE

「塊肉」などの牛ステーキから豚・鶏・馬・鹿・ラムまで食べ放題の「300B ONE」で肉まみれになってきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.