動画

脳を支配する暗殺者が力を失う恐怖に翻弄されるSFスリラー映画「POSSESSOR」予告編が公開


映画「デッドゾーン」「ヴィデオドローム」などを手掛けたデヴィッド・クローネンバーグ監督の息子、ブランドン・クローネンバーグ監督による2020年10月9日(金)公開の映画「POSSESSOR」の予告編が2020年9月1日(火)に公開されました。脳を支配し他人を操る暗殺者が、次第に支配する力を失い精神を追い詰められていくというSFスリラー映画となっています。

POSSESSOR UNCUT Official Trailer - YouTube


とある高層ビルで……


人混みの中を歩く青いジャージの女性。


一瞬、手術室のような場面に切り替わると……


再び青いジャージの女性へとフォーカス。女性は突然男性に襲いかかり、ナイフのようなもので突き刺し始めます。


パニックで逃げ惑う人々。


警備員がジャージの女性を取り囲み……


女性も応戦。


……というところで、場面は再び女性が横たわる手術室のようなところへ。


ヘッドセットが外され……


苦しそうな表情を浮かべる女性、タシャ・ヴォス(アンドレア・ライズボロー)がPOSSESSORの主人公。


ヴォスは特殊な機械を使って他人の脳を支配し体を操る暗殺者。青いジャージの女性もヴォスが操っていたというわけです。


そんなヴォスの新たな任務は大企業のCEO、ジョン・パース(ショーン・ビーン)の暗殺。


暗殺のため、パースに怪しまれず近づける男性、コリン・テイト(クリストファー・アボット)の脳がターゲットに。


テイトを拉致し、特殊な機械によって脳を支配しようとするものの……


ヴォスをじっと見つめるテイト。


ヘッドセットが装着され……


スイッチオン


苦しむヴォスとテイト。


テイトの脳に侵入したヴォスは……


さっそくCEO、パースのもとへ。


任務を開始しますが……


「引き金が引けない」とヴォスの声。


ヴォスの思い通りに動かないテイトは「彼女が俺に何をしたか知る必要がある」と語り始めます。


ヴォスはコントロールを失い、自身の意思で動き始めるテイト。


「脳を支配した相手のコントロールができない」という予想外の展開に陥るヴォスは、何者かの手で首を締め上げられます。


真っ赤に染まったヴォスの顔。


自分を操るヴォスに対し「お前を消す」と、こめかみに銃を向けるテイト。


女性の手で強引に口を封じられるテイト。


絶叫するヴォス。


何者かの返り血を浴びたテイトのシーンでムービーは締めくくられます。


POSSESSORは2020年10月9日(金)からアメリカ・イギリス・カナダで公開予定。日本での公開は記事作成時点では未定となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
クリストファー・ノーラン監督による時間逆行タイムサスペンス「TENET テネット」の最終予告編が公開 - GIGAZINE

映画「The Batman(ザ・バットマン)」予告編が初公開、ロバート・パティンソン演じる若きブルースウェインと複数のヴィランが登場 - GIGAZINE

21歳の若さで暗殺された黒人解放運動の天才的リーダーを描いた「JUDAS AND THE BLACK MESSIAH」予告編公開 - GIGAZINE

黒猫の妖精の旅路と成長を描く中国のアニメ映画「羅小黒戦記」日本語吹替版の公開が決定 - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.