映画

21歳の若さで暗殺された黒人解放運動の天才的リーダーを描いた「JUDAS AND THE BLACK MESSIAH」予告編公開


天才的なリーダーシップとカリスマ性を持ち、国民解放闘争を展開していたブラックパンサー党の党員として頭角を現しつつあったフレッド・ハンプトンは、1969年12月4日、そのカリスマ性を危険視した警察の襲撃を受け暗殺されました。ハンプトン暗殺までに何が起こったのか、その暗殺の裏側と裏切りを描いた映画「JUDAS AND THE BLACK MESSIAH」の予告編が公開されています。

JUDAS AND THE BLACK MESSIAH - Official Trailer - YouTube


映し出されたのは男性の後ろ姿。


振り向きざまに男性は「副議長、イリノイ州ブラックパンサー党のフレッド・ハンプトンです」と名乗ります。


階段を上り……


集会の中心、壇上に立つハンプトン(演:ダニエル・カルーヤ)


「私の言葉を繰り返してください」「私は革命的だ!」と群集に呼びかけます。


その言葉を繰り返す人々。


その中で口を閉ざし、ほほ笑みをたたえる1人の白人男性(演:ジェシー・プレモンス)


ハンプトンの言葉を繰り返し拳を突き上げていたウィリアム・オニール(演:キース・スタンフィールド)は、白人男性を目にして動きを止めます。


オニールは、集会の以前にFBIになりすまし車を盗んだ罪で逮捕されていました。


そしてこのとき担当した検事が……


群集の中でほほ笑みをたたえていた男、ロイ・ミッチェルでした。


オニールは訴訟沙汰を回避する代わりに、検察とある「約束」をします。


ハンプトンはこの時、弱冠20歳。


社会主義者としてブラックパンサー党やレインボー連合を設立し、ギャング間に同盟を結ばせ……


大学教授とも話が通じるとして、そのカリスマ性とリーダーシップで有名になりつつありました。


仲間からの信頼も厚く……


恋人にも恵まれ……


子どもの教育にも熱心でした。


しかし、検察はハンプトンらブラックパンサー党の目的を「憎しみの種をまき、テロを起こすことだ」と考えていた模様。検察を手を組んだオニールは、検察の意見に対し「彼らはテロリストではない」と強く否定します。


「解放者を殺すことはできても、解放運動を止めることはできない」と語るハンプトン。


「革命者を殺すことはできても……」


「革命は止めることができない」


「ブラックパンサー党」と書かれた建物に向けられる警察の銃口。


建物の窓からも、警察に対して銃口が向けられています。


建物の中では「自由のために戦う者を殺せても、自由を止めることはできない」と叫ぶハンプトン。


熱狂する群集の中で……


オニールが不安そうな表情を浮かべていました。


その視線の先には検察官。


爆発が起こり……


交わされる密約。


黒人の解放運動はどんどん大きく。


友情と……


裏切り。


そして暴力。


激しい銃撃戦が繰り広げられます。


警察に包囲され……


絶体絶命に。


「私は人々のために死ぬだろう、人を愛しているからだ」


「そして私は人のために生きる」


「それは人を愛しているからだ」


「JUDAS AND THE BLACK MESSIAH」は2021年に公開予定となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
黒人差別への抗議行動に対する行きすぎた「警察の暴力」を写した500本以上のムービーまとめ - GIGAZINE

Googleが黒人差別抗議デモを扱ったサイトを「ポリシー違反」として広告収益の支払いを停止 - GIGAZINE

黒人差別への抗議行動に関してWikipedia上でも「正義と中立性を巡る戦い」が繰り広げられている - GIGAZINE

「黒人男性の死が問題になると株価が上がる」とテレビ番組が放送して謝罪 - GIGAZINE

「警察は以前から黒人活動家を監視していた」と黒人ジャーナリストが証言 - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.