動画

アクションシーンてんこ盛りの「マトリックス レザレクションズ」最新予告編が公開


1999年に公開された「マトリックス」、2003年に公開された「マトリックス リローデッド」と「マトリックス レボリューションズ」という三部作に続くシリーズ4作目となる「マトリックス レザレクションズ」の最新予告編が全世界一斉解禁されました。本編の公開も2021年12月17日(金)に迫っている中、新しいマトリックスの世界の全貌が明らかになりつつあります。

映画『マトリックス レザレクションズ』本予告 2021年12月17日(金)公開 - YouTube


「気付かないうちに我々は奇妙なループの中にいる」というセリフから予告編はスタート。


キアヌ・リーヴスが演じるネオことトーマス・A・アンダーソンは……


町中でキャリー=アン・モス演じるトリニティーに出会います。


前作までのトリニティーがフラッシュバック。


「何十億の人間がここで一生を過ごす」とささやきかけるのは、前作でネオの前に幾度となく立ちはだかったエージェント・スミス(演:ヒューゴ・ウィーヴィング)。


ネオの口がふさがれてしまうシーンが……


今作でもデジャヴュのようによみがえります。


「真実の先を知る時が来た」


トリニティーのアクションシーン


銃を突きつけられるネオ


首の後ろにプラグを挿入し……


目を覚ますネオ。


「見事な洗脳だ」


「そっちの世界で生きるしかないと信じてる」



「だが君の一部は」


「何が現実か気付いている」


「マトリックスから解放されたとしても」


「人間を支配するのが戦争よ」


「ネオに何が?」



「アンダーソン君」


「彼の人生を決めるのは彼じゃない」


「彼女は僕を信じた」


目の前のヘリコプターが大爆発


「今度は僕が信じる」


「あなたをずっと待ってた」


ネオが手をかざすと……


突如自動車が吹き飛びます。


「トリニティーを救いたければ戦え!」


物理法則を無視した超人的力を発揮して……


群がるSWATの隊員を吹き飛ばすネオ。


「ネオ!」


「トリニティー!」


2人が手をつなぐと……


大爆発が起きます。


ネオのプラグに手をかける何者か。


「その夢はここで終わる」


「マトリックス レザレクションズ」


最後はネオの超人的なアクションシーンから……


手をかざして敵を吹き飛ばし……


「カンフーは忘れない」というネオのセリフで終了。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「マトリックス レザレクションズ」予告編公開、ネオやモーフィアスが18年の時を経て復活 - GIGAZINE

2021年公開の「デューン」「マトリックス4」は劇場公開と同時にオンラインで配信することをワーナー・ブラザーズが発表 - GIGAZINE

あの映画「マトリックス」の完全新作がキアヌ・リーブス主演&ラナ・ウォシャウスキー監督脚本で制作と発表 - GIGAZINE

殺人犯が「マトリックスの世界で起こった」ことを主張し無罪になるケースが存在する - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.