レビュー

都知事になって「密です!」を連呼しながら社会的距離を保つ「密ですゲーム」


新型コロナウイルス対策として政府は「三密」、つまり「密閉」「密集」「密接」という3つの密を避けることで社会的距離を保つことを推奨しています。2020年4月10日には東京都の小池百合子都知事が記者会見時に記者やカメラマンに対して「密です!密ですっ!」と連呼したことが話題となり、Twitter上では「密です!」発言がマンガ化されることに。さらに、小池都知事の発言をゲームにしてしまったブラウザゲームの「密ですゲーム」まで登場したということで、実際にプレイして社会的距離を保つための秘訣を身に刻んでみました。

密ですゲーム
http://gamingchahan.com/mitsudesu/


「密ですゲーム」は2つの難易度が容易されており、今回は「ふつう」をプレイしてみました。


ゲームがスタートすると、蛍光グリーンのスーツに身を包んだ女性の前方からマスクをした人だかりがそろりそろりと近づいてきます。


画面上をクリックすると、「密です」という吹き出しが発生して……


周囲の人が弾き飛ばされました。


こんな感じで「密です」を駆使しながら緑色の円の中に第三者が入ってこないようにすればOK。あくまで、プレイヤー周辺に「密」を作らないことが目的のゲームであり、緑色の円から離れた部分の「密」についてはゲームの中では考えなくても大丈夫です。


モーセのように人の海を真っ二つにたたき割り、社会的距離を保ち続けていきます。


レベルが上がると赤枠部分のように緑色の円に近い人々が……


ゆっくりと近寄ってくるようになります。


円の中に侵入されると画面右下に表示されているマスクが消費されていきます。5回侵入を許し、マスクのストックがなくなったらゲームオーバーです。


途中まで進めると、どこかで見たことのある紺色のスーツに身を包んだ男性がマスクを手にたたずんでいます。初めは敵かと思い「密です」で弾き飛ばそうとしたのですが、どこかの総理大臣風の見た目が気になったので緑色の円の中への侵入を許してみることに。


するとマスクが回復。


というわけで、実際にプレイしてみた様子は以下のムービーでチェックできます。

「密です!」を連呼して社会的距離を保つ「密ですゲーム」をプレイするとこんな感じ - YouTube


他にも、「密です」の範囲を拡大する「肉」や、「密です」の連射速度を向上させられる「魚」といったパワーアップアイテムもあります。


特に「肉」を多数集めると「密です」のサイズが巨大化して前方からやってくる人々をことごとく画面外に弾き飛ばせるようになるので積極的に集めるのが吉です。


なお、「密ですゲーム」はPCブラウザからもモバイルブラウザからもプレイ可能ですが、画面を直接タップしてプレイできるスマートフォンのブラウザからのプレイの方がより直感的かつ楽にプレイできるように感じました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
新型コロナウイルス対策に有効な「社会的距離をとるための具体的な方法」を専門家がわかりやすく解説するムービー - GIGAZINE

新型コロナウイルス対策で社会的距離を保つことによる「5つの悪影響」とは? - GIGAZINE

2022年まで社会的距離を置く必要があるという研究結果 - GIGAZINE

280万回以上も再生された「物理的に社会的距離をあけることが可能な自転車」を作ってしまったムービー - GIGAZINE

in レビュー,   モバイル,   ネットサービス,   動画,   ゲーム, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.