ネットサービス

無料でフォントをダウンロードできるGoogle Fontsで人気のフォントTOP10


無料で800種類以上のウェブフォントを使用できるサービス「Google Fonts」では、数あるウェブサイトにおけるフォントごとのページビュー数をランキング形式で確認することができます。

Analytics - Google Fonts
https://fonts.google.com/analytics

2019年2月23日から2020年2月22日までの、1年間におけるページビュー数のトップ10は以下の通り。

◆1:Roboto
2900万以上のウェブサイトで使用され、トータルで10兆回以上、1年間で3兆回以上のページビュー数を誇るのが、サンセリフ書体の「Roboto」です。Robotoはオープンソースのフォントであり、GoogleやAndroidにおけるデフォルトのフォントとしても使用されています。


◆2:Open Sans
Robotoと並んで広く使用されているのが、Robotoと同じくサンセリフ書体の「Open Sans」。1年間のページビュー数はRobotoの半分以下、約1兆4966万回となっています。ウェブサイトだけでなく、広告などの印刷物にも使用されています。


◆3:Lato
「Lato」もサンセリフ書体のフォントです。Latoはポーランド語で夏を意味する単語です。1年間のページビュー数は約4851万回で、前年比で約9%増加しており、徐々に人気を伸ばしています。


◆4:Montserrat
前年比で約35%もページビュー数が増加し、人気が高まっているのがサンセリフ書体の「Montserrat」です。1年間のページビュー数は約3267万回。20世紀前半のデザインを意識して作成されているとのこと。Montserratもオープンソースのフォントです。


◆5:Roboto Condensed
「Roboto Condensed」はRobotoをベースに作成されたサンセリフ書体のフォント。欧州圏のNintendo Switchのパッケージにも使用されています。1年間のページビュー数は約2385万回。


◆6:Source Sans Pro
「Source Sans Pro」はアドビシステムズによるオープンソースフォントです。1年間のページビュー数は約2163万回でした。


◆7:Oswald
1年間のページビュー数は約2021万回で、前年比で11%増加し人気を伸ばしているのがサンセリフ書体の「Oswald」です。


◆8:Raleway
サンセリフ書体の「Raleway」もオープンソースのフォントです。1年間のページビュー数は約1391万回でした。


◆9:Merriweather
「Merriweather」はトップ10のうち、唯一のセリフ体フォントでした。1年間のページビュー数は約1003万回ですが、前年比で9%減少しており、人気に陰りが見られます。Merriweatherもオープンソースのフォントです。


◆10:Roboto Mono
「Roboto Mono」はRobotoをベースにしたフォントで、1年間のページビュー数は約982万回、前年比で114%と大きく増加しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「政治のゆがみ」を体現した形状のフリーフォント「Ugly Gerry」 - GIGAZINE

イケアが無料で使えるソファで作ったフォント「Soffa Sans」を公開 - GIGAZINE

無料で使えるコックピット内での「読みやすさ」を追求したオープンソースのフォントファミリー「B612」 - GIGAZINE

商用利用可能な無料フォントを検索可能な「FONT BEAR」 - GIGAZINE

数十種類の無料日本語フォントをブラウザ上で一度に試せて便利な「ためしがき」を使ってみた - GIGAZINE

in ネットサービス,   デザイン, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.