ネットサービス

Googleが発音のチェックを行う音声認識サービスを開始

By Prostock-studio

Googleが単語の発音チェックを行う新しいサービスを2019年11月14日(木)から開始しました。音声ファイルをAIが認識して文字起こしをしたり、声を出さずに音声入力をしたりと音声認識の技術は日々進化しています。Googleによる発音チェック機能は機械学習を用いた技術となっており、英語学習を格段に効率的にしてくれます。

How do you pronounce quokka? Practice with Search
https://www.blog.google/products/search/how-do-you-pronounce-quokka-practice-search/

Google search will now give you feedback on your pronunciation - The Verge
https://www.theverge.com/2019/11/14/20964401/google-search-pronunciation-guide-feedback-machine-learning-ai

新たに公開された機能では、ユーザーがマイクに向かって発話すると、GoogleのAIが単語の発音を分析し、各音節がGoogleの予想発音と一致するかどうかのフィードバックを受け取ることができます。

フィードバック機能の実行画面はこんな感じ。画像をクリックするとGIFアニメーションを見ることができます。


たとえば「quokka」という単語の発音をチェックしたい場合、検索ボックスに「how to pronounce quokka」と入力して「Practice」をタップ後、マイクに向かって発音します。


音声認識が単語の発音を分析し、『最後のサウンドバイト「kuh」の「k」が間違って発音されました』というようにフィードバックが表示されます。さらに改善のアドバイスとして、舌の正しい動かし方や似た発音の単語が表示されます。


発音が正しければ「Good job!」と表示されます。


Googleは発音認識の機能を「実験的なサービス」と位置づけており、記事作成時点ではモバイルでのみ利用可能となっています。対象となる言語は英語やスペイン語といった一部の言語のみとのこと。

また、Googleは単語翻訳に視覚情報を追加するサービスも開始しています。たとえばスペイン語の「naranja」を英語に翻訳する場合、翻訳された単語とともにオレンジの画像が表示されます。


複数の意味を持つ単語を調べた場合は、複数の画像が表示されます。たとえば「seal」の意味を調べると、メカニカルシール封ろうなどが表示されます。


画像による翻訳は英語の一部の名詞に対してのみ機能しており、Googleは、将来的には対象となる言語や画像を拡大する予定であると発表しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
マクドナルドが音声認識AIのスタートアップを買収、ドライブスルーの効率化が目的か - GIGAZINE

Googleが言語モデルを使わずに高精度な自動音声認識を可能にする「SpecAugment」を開発 - GIGAZINE

Googleが新たに低遅延&オフラインで使用可能な音声認識システムを開発 - GIGAZINE

Microsoftの研究者が「声を出さずに音声入力可能」なシステムを開発 - GIGAZINE

Googleの音声認識エンジンを使って音声ファイルから文字起こししてみた - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア,   ネットサービス, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.