レビュー

カードゲーム風コマンドバトルNintendo Switch「リトルタウンヒーロー」でゴリ押しのきかない頭脳戦を強いられた


ポケットモンスター」と「UNDERTALE」の制作陣によって生み出されたNintendo SwitchのRPG「リトルタウンヒーロー」が2019年10月17日(木)に登場しました。一見よくあるファンタジーな世界観のRPGかと思いきや、コストを消費して手札を場に出すカードゲームのような独特なバトルシステムが大きな特徴となっており、想像以上の頭脳戦を強いられる奥深いゲームとなっていました。

『リトルタウンヒーロー』公式サイト
https://www.gamefreak.co.jp/town/

ゲーム開始後すぐにオープニングムービーが始まります。木から顔をのぞかせている赤髪の少年が主人公の「ピッケル」


木に隠れているのは、城に忍び込む機会をうかがっているため。


外部との接触を持たない孤立した村で生まれたピッケルは、唯一外の世界につながる城に忍び込んで外の世界に出ようとたくらんでいるのですが、失敗に終わってしまいます。


外の世界への憧れを抱きつつ、普段は炭鉱作業員として働くピッケルは、仕事終わりに不思議な赤い石を拾ったことをきっかけに不思議な力に目覚め……


どこかから突然やってきた「マモノ」と戦う力を得る、というのが序盤のストーリー。


ストーリーはファンタジーの王道といった感じですが、カードゲームとコマンドバトルが組み合わさったような独創的なバトルシステムが「リトルタウンヒーロー」の面白いところ。


ピッケルのまわりに浮かんでいるモコモコしたアイコンは「フワット」と呼ばれる技のアイデアのようなもの。「フワット」の状態では相手に攻撃することができないので……


赤枠部分に表示されている「キリョク」を消費して「フワット」を攻撃できる状態に変化させます。以下の画像だと、キリョクを「2」消費するとフワット「たいあたり」が変化します。


「キリョク」を消費して「フワット」を攻撃できる状態に変化させたものが赤枠部分の「ガチット」と呼ばれるもの。ここで相手への攻撃態勢が整うというわけ。


自分のガチットと敵のガチットをぶつけて戦うというバトルシステムになっています。


「ガチット」には攻撃力と耐久力があり、攻撃力の分だけ相手の耐久力を減らすことができます。


耐久力が0になったガチットはブレイクされて消えてしまいます。敵を倒すには、まず敵のガチットを壊していく必要があります。


ガチットには「赤」「黄」「青」の3種類があります。バトルはターン制で進行し、赤色のガチットは耐久力が残っていても1ターンにつき1回しか使えません。


黄のガチットは、耐久力がある限り1ターンに何度でも使えます。


赤・黄のガチットは敵のガチットとぶつけあうことで使用できますが、青のガチット敵のガチットにぶつけ合わせるのではなく、好きなタイミングで使用できます。ガチットは敵に攻撃するだけでなく、「全てのガチットの耐久力を+1する」「フワットの消費コストを0にする」など特殊効果を持つものもあるので、戦況に応じた使い分けが必要です。


ガチットがブレイクされて減ってしまうとフワットが補充されます。どんなフワットが補充されるかはランダムで、山札からカードを引いているような感じ。バトル中に「X」ボタンを押せば、補充される候補となる手持ちのフワットを確認できます。赤枠部分が手持ちのフワットです。


相手のガチットを全てブレイクするか使用不能にすればターンエンド。


ターン終了時に赤のガチットが残っていれば、敵に直接攻撃ができます。画面下部のハートは互いの体力のようなもので、先に0になったほうが負けです。赤のガチットの攻撃力に関係なく、1回の直接攻撃で減らせる敵のハートは1つだけ。


ターンが終了時すると次のターンに移ります。ターンごとにフィールドを移動するシステムになっており、ルーレットで出た目の分だけフィールドを移動します。


フィールドによってはお助けキャラやお助けアイテムのようなものがあり、戦況を有利にすることができます。


実際に戦っている様子は以下のムービーで確認できます。理解するのに少し時間のかかるバトルシステムですが、序盤のチュートリアルがしっかりしているので問題ありません。

Nintendo Switch「リトルタウンヒーロー」のカードゲームっぽいバトルシステム - YouTube


敵を倒すと「ヒラメキ」を手に入れることができます。


ヒラメキを使うとスキルツリーでガチットの威力を上げることができます。


バトルはストーリーの中でイベントのような形で発生するので、レベルアップの概念は無く、装備をそろえて強くなったり、野生のマモノをたくさん倒してレベルアップ、というようなことはできませんでした。ストーリーは「メインクエスト」をこなすことで進行します。赤い吹き出しが頭上に出ている人に話しかけることでメインクエストは進んでいきます。


ストーリーの進行には関係ない「サブクエスト」は、青い吹き出しで表示されます。サブクエストをクリアすると、バトル中のフィールドにお助けキャラが増えてバトルを有利にすすめられるなどの特典が得られます。


ゲームのストーリーはあっさりとした内容でサクサク進むのですが、敵とのバトルが一筋縄ではいかず、キリョクの消費やガチットの耐久力、相手の出方を踏まえて、先の展開を見据えて効率よく戦う必要があります。RPGではレベルを上げまくって敵をゴリ押しで倒す編集部員にとっては難しいバトル形式で、最初のボスを倒すのに30分かかり、次のボスは1時間かけても倒せないという体たらく。RPGで低いレベルでいかに強い敵を倒すかを楽しみとしている人に向いているゲームかもしれません。攻略難易度の変更はできないようなので、何度も挑戦して勝つ道筋を見つけなければならない、非常にやり応えのあるゲームとなっています。

「リトルタウンヒーロー」はNintendo Switchで(税込)2750円でダウンロード購入できます。

Nintendo Switch|ダウンロード購入|リトルタウンヒーロー
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000022254

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
不思議のダンジョンを冒険して滅亡へのタイムリミットに立ち向かうコマンドバトル「MISTOVER」プレイレビュー - GIGAZINE

Nintendo Switchでシンプルながらも病みつきになるパズルRPG「Puzzle Quest:The Legend Returns」をプレイしてみた - GIGAZINE

Nintendo Switchで桃鉄最新作の「桃太郎電鉄 昭和、平成、令和も定番!」が登場 - GIGAZINE

Nintendo Switchでカードを集めてデッキを構築しつつランダム生成のダンジョンに挑むローグライクカードゲーム「Slay the Spire」を遊んでみた - GIGAZINE

Nintendo Switchで戦略と運を駆使しながら名誉をかけて動物王国の覇権を争う「Armello」を遊んでみた - GIGAZINE

in レビュー,   動画,   ゲーム, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.