試食

濃厚モンブランとほろ苦カラメルのカスタードプリンが融合した「モンブランプディングタルト」ほか秋の新メニューをタリーズで食べてきた


タリーズコーヒーから洋栗や洋梨など秋の味覚を堪能できる新作スイーツ「モンブランプディングタルト」「カラメルミルクレープ アーモンド&ウォルナッツ」「ブリュッセルワッフル 洋梨ソルティーキャラメル」が2019年9月13日(金)に登場しました。なかでも「モンブランプディングタルト」は秋を代表するケーキであるモンブランと、カスタードプリンを一緒に楽しむことができる贅沢なスイーツということで、さっそく食べに行ってきました。

プレスリリース(2019/8/22) |プレスリリース |会社情報 |TULLY'S COFFEE - タリーズコーヒー
https://www.tullys.co.jp/company/pressrelease/2019/08/marronlatte.html

店舗に到着。


さっそくモンブランプディングタルト、カラメルミルクレープ アーモンド&ウォルナッツ、ブリュッセルワッフル 洋梨ソルティーキャラメルを注文。ワッフルは作るのに時間がかかるとのことで、ケーキ2品が先に出てきました。


モンブランプディングタルトは税込490円で、スポンジの上にカスタードプリン風味のクリームと洋栗を使ったモンブランクリームがデコレーションされています。


マロングラッセの横にはクッキー生地をポロポロにしたかのようなクランブルがトッピングされています。


食べてみると、マロンクリームの濃厚な洋栗の味が口に広がったかと思いきや、スポンジとカスタードプリン風味のクリームに挟まれたカラメルソースの強い苦味が、まったりとしたマロンクリームの甘さを引き締めています。カスタードプリン風味のクリームはほんのり卵の味であっさりとした味わいになっており、マロンクリームと味がけんかすることなく絶妙な味わいになっていました。


カラメルミルクレープ アーモンド&ウォルナッツは税込490円で、モンブランプディングタルトと同じ価格。


スポンジの土台に10層のクレープが重ねられたミルクレープです。


上にはアーモンドとウォルナッツ、クランベリーがトッピングされていました。


クリームたっぷりのミルクレープは一見甘そうな印象ですが、一口食べるとクレープに挟まれたカラメルクリームの苦味が強く、後味にふわっと甘味が感じられます。ナッツのカリカリ食感がアクセントになっており、カラメルクリームのほろ苦さとナッツの香ばしさが相性抜群でコーヒーと一緒に食べるのがぴったりなスイーツでした。


注文してから5分ほどでブリュッセルワッフル 洋梨ソルティーキャラメルが到着。価格は税込780円となっています。


ワッフルは常温なので、食べているうちにアイスが溶けてしまう心配はありません。


とろりとした洋梨のソースから甘い香りが漂います。


口に入れると、洋梨の芳醇(ほうじゅん)な香りが鼻に抜け、塩キャラメルの塩気が洋梨の甘味をより引き立てています。バニラアイスとの相性もばっちりで、もちっとした素朴な味わいのワッフル生地が、甘みの強い洋梨とアイスとちょうどいいバランスです。洋梨のソースはたっぷりとかかっているので、ワッフルを食べきる前に洋梨が無くなってしまった……ということは起こらず、最後まで贅沢に洋梨を味わうことができました。


モンブランプディングタルト(税込490円)、カラメルミルクレープ アーモンド&ウォルナッツ(税込490円)、ブリュッセルワッフル 洋梨ソルティーキャラメル(税込780円)は2019年9月13日(金)から一部店舗を除いて全国のタリーズコーヒーで購入可能です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
流体力学を活用して「完璧なクレープの作り方」を導き出した物理学者が登場 - GIGAZINE

なぜ「甘い食べ物」はおいしく感じられるのか? - GIGAZINE

これが元祖「モンブラン」、スポンジもタルト生地もないクリームのみの至福の塊を「アンジェリーナ」で買って食べてみた - GIGAZINE

疲れている時に甘い物が食べたくなるのは腸にある「第2の脳」の影響 - GIGAZINE

ワッフルメーカーは実は超絶万能調理器具であったのかと見紛うムービー - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.